NAGAI生徒募集サポーティング代表:永井玄太こんにちは!
NAGAI生徒募集サポーティング代表の永井です。

このページでは、私が何者か私のミッション私の生い立ちとこの仕事に至るまでの経緯をご紹介します。

音大卒→楽器店教室出身のウェブ集客専門家

永井玄太(ながい げんた)
NAGAI生徒募集サポーティング代表。

1982年3月26日生まれ(ベートーヴェンの命日 ^ ^)。
埼玉県朝霞市出身。O型。
武蔵野音楽大学打楽器科卒業。
東京のスガナミ楽器(ヤマハ特約店)にて教室運営と生徒募集全般のウェブ担当を5年経験。
個人ピアノ教室を営む家庭に育ち(※)、個人の教室、楽器店の教室、音大出身者、ウェブマーケター、ウェブデザイナーの複合的な視点を持つ。

※母のピアノ教室も再建しました↓
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

音大卒業後、主にアマチュア吹奏楽団やオーケストラでの打楽器指導やアレンジ活動を経て、スガナミ楽器の音楽教室に就職。
教室運営や東京23区の全センター(教室)のウェブ担当として生徒募集の経験を積むにつれ、商売の要である「集客」について、音大では一切習わなかった事実に愕然とする。
ネットを見ても、集客が上手にできている個人教室があまりに少ない現実を見るにつけ、幼い頃から真面目に研鑽を積み続けてきた音楽家が努力に見合った成果を手にできる業界を願い、2016年1月、個人音楽教室専門のホームページ制作とネット集客サポート事業「NAGAI生徒募集サポーティング」を起業。

永井のミッション

私のミッション(使命)は、

あなたの音楽教室が理想の生徒さんで溢れ、経済的にも精神的にも、安心・満足・充実のある日々を手にするまでサポートしきること
です。

私と他のホームページ制作会社との一番の違いは、ホームページ納品後のサポートにあります。

音楽教室のホームページは生徒を集めるために作るものです。
ホームページを使った生徒集めは、ホームページを公開してからが「試合開始」です

私はホームページを制作して、ネット集客のスタートラインに立った先生を独りで放り出したくありません。
なぜなら、世の中のネット集客がうまくいっていないピアノ教室・音楽教室のほとんどは「ホームページ公開後の舵取り」が上手にできていないからです。

私はホームページを公開してからも、あなたに寄り添い、一人ひとりのペースに合わせて、ネットを使った生徒募集をサポートしていきます

いつまで?

ホームページを作る目的である「あなたの教室が理想の生徒さんで溢れ、経済的にも精神的にも、安心・満足・充実のある日々」を、あなたが手にするその日まで。
お客様の声はこちら

※永井のサービスと料金については
あなたの生徒募集を二人三脚でお手伝い! ホームページ制作と集客サポート
料金のご案内

永井の生い立ちと独立までのストーリー

私は音大出身ですが、自分でホームページを作ったり、ウェブマーケティング(ウェブ集客)をしたりするのが得意です。
超アナログの音大出身にしてIT系という “珍獣” なんです(笑)。
ヤマハ特約店の音楽教室には音大出身のスタッフもたくさんいましたが、私みたいな人はいませんでした。

音大出身者には変わった人は多いですが、私もそんな人の1人なのかなぁ、と思っています ^ ^ ;

一体どうやってこんな人間ができあがったのか?
なぜこのような仕事を始めたのか?

ここでは私の半生と、独立までの経緯をご紹介します。

打楽器にハマり音大へ

私は母が自宅でピアノ教室を営む家庭に生まれ、埼玉の朝霞市で育ちました。
しかし私自身は、5歳の時に初めて母からピアノを教わった時の「ありさんのおつかい」があまりにつまらなかった為(苦笑)、音楽を習わないまま育ち、中学の部活も剣道部に入ったのです。

転機は、埼玉県立川越高校(ウォーターボーイズで有名なとこ!)への入学後に訪れました。

私は高校では陸上部に入る気満々だったのですが、中学からの友人の付き合いでしぶしぶ吹奏楽部の見学に付き合うことに。
そこで合奏室の片隅に置かれていたドラムが目に入り、興味本位で少し叩かせてもらったのです。

衝撃でした。
何これ!めちゃくちゃ面白いじゃん!

中学では竹刀で人を叩いていた私でしたが、高校ではスティックで太鼓を叩く事にしました。
即決でした。
楽しいし、かっこいいし、臭くないし。

こうして高校から打楽器にどハマりした私は、高校生活を太鼓に捧げ、2年生の終わり頃に、音大進学を決意。
現役では藝大受験に撃沈し、1年の浪人時代を経て武蔵野音大の打楽器専攻に進学したのです。

卒業後、データ入力の仕事と作編曲でPCスキルの土台を得る

音大在学中に作曲に興味を持った私は、卒業後、仕事をしながら個人的に作曲の先生(二宮令子先生)に付いて勉強を続けることにしました。

「男なんだから1人で生きていけ」

父の方針により実家を出された私は、母校のある江古田でワクワク一人暮らしを始めたのです。

NHKの子会社でデータ入力の仕事を始める

卒業後のフリーター生活が数ヶ月過ぎた夏のある日、母校の就職課から1本の電話をもらいました。
武蔵野音大の就職課というと、今は『音大卒は武器になる』『音楽教室の経営塾』『そうだ!音楽教室に行こう』等著者の大内孝夫先生が有名ですが、当時はまだ大内先生が来られる前です。

電話の内容は「NHKの子会社で契約社員の仕事があるからやってみないか?」というものでした。
業務内容はNHKが購入する大量のCDのデータ入力、つまり、図書館の本の管理のCD版みたいな仕事です。
面白そうだったので面接を受け、採用が決まりました。

この職場での2年間で、私はパソコンとお友達になりました(笑)。
なにせ毎日朝から晩まで、CDのタイトルや曲名、作曲者名、アーティスト名などを、バシバシ入力していくのです。
目はCDジャケットの細かい字を追いながらの同時入力なので、1~2ヶ月で自然とブラインドタッチもできるようになりました(左薬指の聞かん坊はピアノ同様でしたが)。

担当のCDを聞きながら入力作業をする(これも内容確認の仕事の内)ので、2年間で合計2,000~3,000枚のCDを、ジャンルを問わず聞けたのも、自分の中の音楽が広がる良い経験でしたね。

パソコンで打込みと楽譜制作を始める

データ入力の仕事を通して、すっかりパソコンが好きになった凝り性の私は、打込み(MIDI)で作曲をするようになりました。

当時使っていたのはCakewalk社のSONARというソフトです。
操作マニュアルがかなり分厚く、SONARのソフトだけでなく、MIDI自体やシンセ、周辺機材の勉強も必要で、結構な量だったのですが、自分の曲が音になる感動が強いモチベーションになりました。
これは楽しかったですね。

そして、作った曲はきれいに楽譜にもしました(作る段階から楽譜ですが)。
また仕事が休みの日に指導に行っていた中学高校の吹奏楽部で、編曲を頼まれる事も多くなり、私はFinaleという楽譜制作ソフトを使って、吹奏楽のスコアやパート譜を随分作っていました。

ここでも私は凝り性を発揮し、Finaleによる、MIDIキーボードを使っての楽譜制作のスピードと質については、出版社に迫るレベルまで精通できたのではないかと密かに思っています。

こうして私は、アナログの音大出身でありながら、パソコンを道具として、楽曲や楽譜を作るようになっていったのです。

後になって思えば、PCを使って作業をしたり制作をしたりするこの頃の経験が、今の仕事の足腰を鍛える事になりました

ちなみに私は、もうパソコンが好きすぎて、中身のパーツを自分が好きなように買って、自作のPCを組み立てるようにまでなってしまいました。
もはやヲタクです。完全に。

趣味として楽しむ音楽の心に触れ、楽器店へ

そんな私に次の転機が訪れます。

その頃私は、作曲の二宮先生が指揮をされるアマチュアオーケストラに、よく打楽器のお手伝いをしに行っていました。
そこでは20代~70代くらいの方々が、思い思いに集まり、オケを楽しんでいたのです。

本番にも何度か出させていただいたのですが、この時、練習や楽屋、何より打ち上げでの団員さん達との会話、その表情、その場が作り出す楽しさに、私は非常に心を動かされました。

高校の吹奏楽部も趣味として楽しかったのですが、社会人になって社会人のコミュニティに触れた事は、私にとって全く異なる体験だったのです。

「今まで自分が仕事としてやる事ばかり考えてきたけど、趣味として音楽を楽しみ、仲間と過ごすというのは、こんなにも幸せで素晴らしいことなのか!」

世界観がシフトしました。
こうして言葉や理屈でなく、心でしみじみと実感する体験を重ねた私は、楽器店の教室部門で働きたいと思うようになったのです。

教室業界の仕組、顧客の心理を知る

やがて私は、東京のスガナミ楽器(ヤマハ特約店)でお世話になることになりました。

音楽教室の受付として入ったのですが、ここでの5年間で、私は今の仕事の礎となる経験を積んでいきます。

  • 日頃の生徒募集やキャンペーン、生徒様と講師の管理といった教室の運営業務。
  • 発表会やコンサート、街頭イベントの企画、運営、裏方。
  • 音楽を習おう、子供に習わせようというお客様との受付での会話(何千人と話したか分かりません)。

こうした経験を重ねる中で、私はこの音楽教室業界の仕組や顧客の心理を肌で学んだのです。

ウェブ集客の面白さにハマる

また私がパソコンに強かった為か(苦手なスタッフも多かった)、入社後ほどなくして、ホームページの担当も、受付と兼任させていただく事になりました。

私は東京23区+狛江エリアの教室(センター)の担当だったので、最初は各センターのホームページの管理から始まりました。

この業務が、またしても私の凝り性に火を付けてしまいます。

「どうしたらホームページからの問合せがもっと増えるだろうか?」

そうした事に興味を持ち始めた私は、自然とウェブマーケティングの世界を学ぶようになっていったのです。

自分で本を買い、セミナーに行き、ウェブ集客の仕組を学びました。
それを日頃の業務で実践し、アクセス解析や各センターの問合せ状況を見て効果測定をし、修正をする。

そんな事を繰り返しているうちに、私はウェブマーケティングの世界にのめり込んでいきました。
「これはおもしろいな」と、またハマってしまったわけです(笑)。

ウェブ制作の基礎を学ぶ

同じ時期、業務のもう1つの側面として、私はホームページの中の、キャンペーン案内等のページ作成も行っていました。

ウェブページというのは基本的にはHTMLとCSSという言語でできています。
英語や記号や数字が並んだ、小難しそうなやつです。

私はホームページ担当になるまで、このHTMLやCSSという言葉を知りませんでした。
音大では1回も聞かなかったし、音楽とは無縁の言葉ですよね。

私はウェブ担当として、ホームページの中身を作るという業務を通して、このHTMLとCSSというウェブ制作の基礎を1から学んだのです。
これもありがたかったっです。
実務経験に勝る学びはありませんでした。

HTMLは一見難しそうで、見ただけで拒否反応を示す人もいるかもしれませんね。
でも私は、これを学ぶのも苦ではありませんでした。

もともと理系で、高校でも数学と英語だけは割とまともにやっていた為か(高2の終わりまでですが ^ ^ ; )、打ち込みをやっていた為か分かりませんが、HTMLも面白かったんですね。

HTMLもCSSも、1つのルール体系という意味では、和声や対位法を学ぶのにとても近い感覚もありました。
おそらく、HTMLとCSSを一通り学ぶのに必要な勉強量は、芸大和声4冊と対位法の基礎を終えるのに必要な勉強量より少ないです(あくまで個人の体感ですが)。

何より、書いたコードが実際のホームページ画面に、形となって表示されるのが面白かったんですね。
その意味でも、書いた音符やMIDIデータが音になる作曲や打込みと、似たような感覚を持っていました。

後に私はさらに勉強を広げて、ホームページをまるまる作るようになるのですが、ホームページのデザイン設計も、実は作曲の思考と非常に似たものがあると感じています。

ベートーヴェンのような、小さな動機から有機的に全体を構築する感覚、対位法的な要素と要素の美しい関係、どの要素をどう配置するかといったオーケストレーション的なバランス感覚や色彩感、間(余白)の感覚等々。

面白い事に、音や楽器等の要素が、色や形などの要素に置き換わる感じで、私の中では色々つながっているんですね。
ホームページはあまり時間軸を持たない点が(デザイン面では)、音楽と一番違うところかもしれません。

母のピアノ教室の生徒募集サポートをきっかけに独立

そんな楽器店時代に、またしても転機が訪れます。
私がスガナミ楽器に務めて5年目の2015年4月のことでした。

親戚の法事で久しぶりに会った母から、ピアノの生徒が減ってしまって困っているとの話を聞き、ホームページを作って、遠隔で母のピアノ教室の生徒募集をサポートすることにしたのです(父はこの時点の10年近く前に癌で亡くなっていました)。

この時の再建エピソードについては、以前にブログで詳述しましたので、ご興味のある方はそちらをご覧ください。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

それまで私は、仕事として楽器店の側から生徒募集を見ていました。
そしてこの出来事をきっかけに、個人の教室、つまりレスナーさん側の生徒募集に目を向けるようになったのです。

意識してネット上を見渡してみると、当時は独自のホームページやブログを持っている教室さんは、今よりもっと少なかったです。
持っていたとしても、「これではあまり問合せは来ないだろうな……」というホームページやブログが大変多いという印象を覚えました。

無理もありません。
私だって武蔵野音大でネットのネの字も習いませんでした。
集客のしの字も習いませんでした。

生きていくためにこんなに大事なのに、何で教えてくれなかったのだろう?
というのが、正直に思ったところです。

「母のように、生徒が集まらず悩んでいる方は想像以上に多いのではないか」

そう思ったことが、私がこの「個人の教室向けにホームページを作り、ウェブ集客を教える」という仕事を始めるきっかけとなったのです。

2015年4月に私に相談してきた母は、「介護のパートでも始めようかしら」とまで言っていました。
腰が悪くて数年前に手術までしていたのに、です。

楽器や年齢にもよるとは思いますが、音楽教室の先生には、音楽に注いできた人生の時間が1万時間を超えている方も少なくないと思います。
せっかくそこまでやってきたのに、それが活かせないなんて、やっぱり寂しいですよね。

「自分には打開させてあげる力があるのに、それを人のために使わずにいるなんて、社会的にどうなんだ?」

という自問自答が続いた、会社員時代の日々を思い出します。

幼い頃から練習や勉強の努力を積み重ねてきた先生方が報われる世の中にしたい。
そのための力になりたい。

そうした願いから、2015年12月、私はスガナミ楽器を退職しました。
そして翌2016年1月、個人音楽教室専門のホームページ制作とWebマーケティングコンサルティング事業「NAGAI生徒募集サポーティング」を起業したのです。

●NAGAI生徒募集サポーティングのサービス内容について
生徒募集を二人三脚でお手伝い! ホームページ制作と集客サポート

●NAGAI生徒募集サポーティングのサービス料金について
料金のご案内

事業概要

屋号 NAGAI生徒募集サポーティング
代表 永井玄太
開業年月日 2016年1月1日
所在地 東京都世田谷区松原1丁目
電話番号 03-6883-1847
事業内容
  • ホームページ制作
  • Web集客コンサルティング

お問合せはこちら