今日も気ままに語っていく。

私は単純作業が嫌いだ。

同じ作業を延々と繰り返す、内職みたいなやつだ。

ちなみにここで言う内職とは、昭和的なイメージの内職だ。

私の内職のイメージはこうだ。

貧しい家庭のお母さんが4畳半の部屋で裸電球の下、段ボールに囲まれて手作業で商品の単純加工を繰り返している、、、

昭和である。

今の若い子達に「内職」と言っても、この言葉自体知らないかもしれない。
いや、私自身、上記のイメージはたぶん漫画で読んできたか何かのイメージによるものだ。

実際に自分でやったことやその現場を見た事はない。

そもそも内職の意味って、家の中でやる仕事って意味だから、今で言えば在宅ワークである。

今の若い子に「内職って何ですか?」って聞かれたら「あぁ、テレワークのことだよ」と答えてしまうだろう。
言葉的にはたぶんあってる(?)

内職という超昭和な労働形態が、今は最先端?の働き方なのだ。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の結果が内職であるとは、昭和の人に言っても意味不明だろうな。

あーー、、、

何の話をしてたんだっけ?

そうそう、永井は単純作業が嫌いだという話をしていたのだ。

ちょっと、気ままに語りすぎたか。

まぁとにかく、永井は昭和の内職的な単純作業が嫌いだって話だ。

続きは次回としよう。