今日も気ままに語っていく。

前回、昭和の内職的な単純作業が嫌いだという話をした。

単純作業と聞いて思い出すのが、スガナミ楽器時代の事務作業だ。

教材の袋詰めである。

色んな教材が、1人1袋になるよう袋に入れて行くのだ。

自社のレッスンコース(ギョーカイ用語で「自店」という)用に自社で作っている教材についても、A4の紙に印刷した楽譜を何ページ分も山積みにして、1つの袋に1枚づつ入れて行くのだ。

長テーブルに並べてグルグル回るやつである。

孤独な戦いだった。

音楽教室の受付業務もあるから皆でやるわけにもいかず、空いてるレッスン室などに1人籠って、黙々とやるのだ。

せめてラジオでも聞ければよいのだが、そんなものはない。

思考を止めたほうがむしろはかどる、クリエイティブのクの字もない、小学生でもできる単純労働である。

悪夢とまでは言わないが、あれはもうやりたくない、、、

私はもっと生産的な仕事が好きなのだ。

無いものを作る。
3だと思っていた価値を10や30にまで昇華させる。
そうして世の中の幸せの総量を膨らませる。

そして私のピアノ教室ホームページ製作と生徒募集(ウェブ集客)という仕事は、一見パソコン相手にパチパチやるようなイメージだが、その本質は人と人とのコミュニケーションであり、人と人を繋げる仕事なのだ。

人間同士の場合、1+1は2にならない。

人と人を繋げることで、幸せの輪も広がっていく。

私が日々、お客さんのピアノ教室ホームページを作り、その教室に生徒が増えていく中で感じているのは、そういう事でもあるのだ。

私は幸せ者である。

あーーー、、、

何の話をしてたんだっけ?

そうそう、永井は単純作業が嫌いだという話をしていたのだ。

ちょっと、気ままに語りすぎたか。

まぁとにかく、永井は昭和の内職的な単純作業が嫌いだって話だ。

以上。