ピアノ教室の運営にYouTubeを活用するピアノ講師さんも増えてきたと思う。

ピアノ教室ホームページを作成するにあたっても、良いYouTube動画があると生徒募集(集客)の役にも立つ。

今日はこのYouTube撮影で使うビデオカメラについて語っていく。

GoProという小型のビデオカメラをご存知だろうか?

アクションカメラとも言われるジャンル?のカメラだ。

防水性なので、よくテレビ番組でも、芸人さんのリアクションを撮るのに、ヘルメットとか胸とかに付けているのを見かける。

1個5万円ほどする、まぁまぁお高いカメラだ。

けっこう有名なので、ピアノ教室の動画撮影にもゴープロはどうかしら?と思うピアノ講師さんもいるかもしれない。

結論から言うと、ピアノ教室のYouTube動画撮影にゴープロはやめたほうがいい。

なぜそう言えるかというと、私が使っているからだ。

私が去年から再開したYouTube(ピアノ背景のやつ)はゴープロで撮っている。
ゴープロは2年以上前から持っていて、私のはGoPro Hero 7 だ。

ゴープロをそこそこ使ってきたので言えるのだが、ゴープロは映像はきれいだが音はあまり良くない。

「アクションカメラ」というだけに、ゴープロは「野外で映像を撮るためのカメラ」だ。

「室内で音声を撮る」のは真逆の使い方である。

防水の時点で、音は二の次なのだろう。

特に私のような男性がしゃべる動画となると、やっかいだ。

低音域がボワンボワンと膨らんでしまうのである。

気密性の為だろうか、なぜか知らんがそうなる。

だから私のYouTubeは、実は動画編集の時点で低音域をイコライザーでがっつりカットした上で、BGMを被せている。

ゴープロは、音声面においてそんな厄介なクセを持っている。
だから音楽教室が使うカメラではないと私は思う。

ではなぜ永井はそのゴープロを使っているのかって?

もう、すでに買ってしまったからである。
覆水は盆に返らないのである、、、

ならばなぜ買ったのか?
それは聞くな。

今回はここまでとする。