今日も運動の話だ。
本コーナーは「永井の生態」だから、これで良いのである。

今朝は散歩の時間をたっぷりとった。

途中のストレッチタイムを除いても、たぶん1時間くらいは歩いたと思う。

家に帰る頃には、だいぶ足にだるさが出ていた。
たった1時間でこんなにだるくなるっけ?って思った。

そこで思ったのは、

「そういえば、最後に1時間連続で歩いたのっていつだろう?」

ということだ。

にわかには思い出せないほどだ。

少なくともコロナ禍のこの1年は余裕で歩いてない。

コロナの前はというと、去年の1月~2月は足の骨折からのリハビリ期間だったから、そんなに歩いてない。
その前の秋からは骨折していたからほとんど歩いていなかった。

となると、1時間以上連続して歩いたのは、たぶん一昨年の夏あたりが最後だったんじゃないだろうか。

ちょっと愕然とした。
歩かなきゃ。
そりゃ腹も出るさ。
年のせいじゃないだろ。

しかし生活習慣とは怖いものだ。

ピアノ教室ホームページ製作という私の仕事は、本当に歩く必要がない。
ピアノ生徒募集(集客)のサポートも全てネットと電話だから、歩かない。

この1年半、歩かずに済んでしまっていたということだ。

ピアノ教室の講師さんで散歩を心がけている方は多いだろう。

室内の仕事だからこそ、外に出て歩く時間を意識的につくる必要がある。
仕事のためにもね。

さて、春はもう、すぐそこだ。
散歩を満喫していこうじゃないか。