今日も気ままに語っていく。
まったく、このコーナーは本当に気ままである。

先日、永井は埼玉の川越高校(通称カワタカ)の出身であるという話をした。

最近はそうでもないが、大学で男子校出身というと、よく聞かれたことがある。

「やっぱさ、男子校ってホモいるの?」

失礼な話である!!
まったく、お前は何も分かっちゃいない。

少なくとも私は、高校在学中にその手の話は聞いたことがない。

女子がいないからといって、なぜそっちへいくのか。

むしろ異性がいないからこその自由な解放感があったものだ。

いいぞ、ヤローだけってのは。

男は基本的に中2のままだと私は考える。

世の中を生きていくために大人のふりをしても、根は中2のままだったりする。

男子校は中2のノリにブーストがかかる。

例えばこんな具合だ

埼玉県の西武新宿線に「入曽(いりそ)」という駅があるのをご存知だろうか?

ある日、吹奏楽部のチューバパートのヤツが興奮して、得意気にみんなに語りかけた。

「おいおいみんな聞いてよ!俺スッゲー発見したんだぜ!!」

なぬ?何事か?

「 “ 入曽 ” ってさ、ローマ字で下から読むと “ おしり ” になるんだぜ!!」

IRISO

OSIRI

うおっ!マジだ!!
スッゲェー!!!

こんな具合である。

ちなみに川越高校は埼玉県内で1位2位を争う公立の進学校だ。
進学校にしてコレである。

良いのだ、これで。
この自由さ、永遠の中2である。

このような自由な環境で、永井という珍獣は培養されてきたのである。

川高(カワタカ)から音大に行ってウェブ屋になったって、べつにいいじゃないか。

ということで私は言いたい。

男子校には世間が思ってるほどホモはいないぞ!