今日も気ままに語っていく。

今年も梅の花の季節がやってきた。

こう見えて、実は永井はお花がけっこう好きである。

ウチの近所に羽根木公園という、都内にしてはまぁまぁ大きい公園がある。

この公園はちょっとした高台というか、丘っぽいところにある。

この丘っぽい斜面に梅の木がたくさん植わっていて、これからの季節は毎年、この梅たちが可憐な花や香りを楽しませてくれるのだ。

梅は花も良いが、蕾も良い。
何が良いのか言葉にできないが、これから花開こうという、丸っこいぷくっとした蕾も好きだ。
その何か若々しいエネルギーが良い(どんだけオッサンなんだ)。

この公園の最寄り駅が、小田急線の「梅ヶ丘」という名前なのも頷ける。
ちなみに梅ヶ丘駅は新宿から10分かそこらだ、たしか。

この羽根木公園では毎年この時期に「梅祭り」なんてものが開催されて、ちょっとウキウキするのだが、今年はたぶんやらないだろう。
おのれコロナめ!

羽根木公園には桜もたくさん植わっている。

梅の次は桜だ。
桜も良し。

桜も、毎年欠かさず見に行っている。
昼と夜と、両方楽しむことにしている。
時にはビール片手に。

梅の花や桜の花は、今年もコロナに関係なく見事に咲くだろう。
見たかコロナめ!

他にも羽根木公園は、隣接する駐車場の紫陽花がきれいだったり、秋にはイチョウの紅葉がきれいだったり、季節を楽しめるお気に入りスポットである。

でも、梅林の通路に沿ってツツジが植わっているのだが、桜が終わった頃になるとこのツツジの花に蜂が集まってきて怖いのがやだ。

そしてツツジが終わると、今度はカラスの子育ての時期である。
5月のヤツらは殺気立って威嚇してくるからやだ。

そんな、玉に瑕なところもある。
でもまぁ、羽根木公園は総じて良い所だ。

よし、明日の朝も散歩に行こう。