ついにこの日が来た。

私はこの数年、朝食兼昼食で、吉野家の納豆定食(豚汁変更+ごぼうサラダ)を週3~4くらいのペースで食べている。

店員さんに「いつものやつでいいですか?」って聞かれるほどだ。

吉野家で「いつものやつ」って、どんだけ行ってるんだって話だろう。

永井の半分は吉野家でできていると言っても過言ではない。

つまり日本全国の私のお客さんのピアノ教室ホームページ製作と生徒募集(集客)は吉野家に支えられているのである。

この吉野家の納豆定食だが、今日、ついに私は「ごはんは少なめでいいです」って言った。

もちろんカロリーを気にしてのことである。

くぅ、年をとるとはこういうことなのか。

私も今年で39歳だ。

オッサンではあるが、まだ若いと言えば若い。

しかし、出てくる腹は待ったなしである。

現実とは向き合わねばならない。

明日からの私の吉野家での注文はこうだ。

「納豆定食豚汁変更ごぼうサラダごはん少なめで」

次郎系ラーメンの呪文さながらである。

ちなみに私はアルバイトの子にも配慮をして、見慣れない新人さんの時には、表現の仕方を変えている。

こんな具合だ。

「納豆定食ぅ~。  豚汁変更ぉ~。  ごぼうサラダぁ~、  以上です」

とハンディを打つ間を与えてあげるのだ。

新人さんにはこうだが、長いバイトさんや社員さんにはきっと「納豆定食の人」とでも呼ばれているに違いない。

いつも普段着で同じ時間に来て同じ注文をする人。
なんて思われてるんだろう、、、

サラリーマンじゃないのは間違いないよね。
きっとフリーランスの人か何かだと思われてるんだろう。

まぁ、個人のピアノ教室さんむけにホームページを作成して、生徒募集(集客)のお手伝いをしてるなんてニッチな仕事だとは、夢にも思っていないだろう。

ともあれ、しばらくは

「いつもやつでいいですか?」

って聞かれたら

「あ、はい。ごはんは少なめでいいです」

って言わないとだ。

きっとそのうち「いつものやつ」でごはん少なめになるのだろうが。