今日も気ままに語っていく。

ウチからは電車1本で10分もかからず、新宿・渋谷・吉祥寺に行くことができる。
中でも吉祥寺は私のお気に入りの街の1つである。

吉祥寺は東西南北各所からのアクセスも良いので、コロナ前はピアノ教室ホームページ製作の打合せや、毎月のサポート面談を吉祥寺のカフェで行うこともあった。
なかなか便利な立地なのだ。

他にも新宿では、ピアノ生徒が増えない集まらないとお困りのピアノ教室のための Web 集客セミナーを開催したり、渋谷は恵比寿・五反田・品川などで行われる経営塾等に行くための経由地としてよく利用していた。

しかし以前のブログでも書いたが、私のピアノ教室ホームページ製作と生徒募集(集客)のサポートは、今やこの一年で完全テレワークに移行してしまったので、仕事で新宿渋谷を利用することはもちろん、遊びで吉祥寺に行く事もほとんど無くなってしまっていたのである。

さて、そんな私のお気に入りの吉祥寺には、井の頭公園という有名な公園がある。
この時期だと、井の頭公園は桜の名所としても有名だ。

本来なら今年はお花見自粛するところなのだが、前回のブログにも書いた通り、私は今年の夏に厚木への移住計画を進めている。

今の居住地域での桜は今年が見納めになるということなので、先日ちょっとだけ桜を見に井の頭公園に足を運んでみた。
吉祥寺に行くのは去年の緊急事態宣言が解除されて以来、実に9ヶ月ぶりである。

今年の井の頭公園は当然宴会禁止だ。
ベンチに座ってのんびりすることもできないよう、テープが貼られたりもしていた。

みんなマスクをして、静かに歩きながら桜を楽しんでいる。
今年も見事な桜を楽しませてもらった。

これは例年とはどえらい違いなのである。

例年の花見シーズンの井の頭公園に行ったことがあるだろうか?

はっきり言ってくさい(笑)

花見客が大量に出すビールの空き缶で、あたりが酒臭いのである。
もちろん宴会でやかましい。

以前、公園の近隣に住んでいる知り合いに話を聞いたことがあるが、近隣の住人は毎年のこの春のどんちゃん騒ぎに辟易しているのだという。

毎朝毎晩、通勤や通学でこの井の頭公園を通り抜ける住人も、この時期だけは避けて通るのだそうだ。

なので今年は非常に快適だった。

静かで酒臭くない井の頭公園の桜を見られたのは、なかなかレアな経験だったということだろう。

とは言え、早くみんなで花見をどんちゃんやれる世界に戻ってほしいものだ。

ということで、引っ越し前の最後の井の頭公園の桜を堪能してきたというお話であった。