今日も気ままに語っていく。

コロナ禍でリモートワークになり、自宅で毎日長時間、PCに向かってデスクワークをしている方は多いだろう。

ピアノ教室の先生でも、教室ホームページの編集や講師プログを書くので、パソコンに向かう時間が多いという方もいることだろう。

私も仕事が完全テレワークなので、1年中、自宅のパソコンの前で仕事をしている。

真冬のデスクワークとなると、辛いのが足元の底冷えだ。
あなたの環境はどうだろうか?

ウチの底冷えはガチである。

足元の冷えは頭寒足熱の逆だ。
仕事のパフォーマンス的にも良くないし、足の冷えは健康的にも良くない。
てゆーか問答無用で辛い。まじで。

今日は、日々そんな辛い思いをしているあなたに(勝手に決めるなって?)朗報である。

というのは、私は真冬でも快適に、足元ポカポカで仕事をしているからだ。

ご紹介しよう。

「おひとりさまコタツ」である。

これがスゴい。
真冬でも、常に足湯に入りながら仕事をしているかのように快適なのである。

気になる方はてきとうにググってほしい。
色々出てくるだろう。

「おひとりさまコタツ」には大きくは2つの種類があるようだ。

ひとつは、昔ながらのコタツを一人用サイズにして足を長くしたモノ。
椅子対応した、1人サイズのコタツだ。

もうひとつは、寝袋の下半分のような形状のモノだ。
袋状になっていて、そこに足を入れるのである。

足元と太もものあたりに電熱線か何かが入っていて、これがまたぬくいのである。

私が使っているのは後者だ。

手元のスイッチで、温度調整もできる。
消し忘れ防止のために、30分、60分、90分、2時間、4時間、6時間、8時間で消えるようにもできる。

こいつがたまらんのである。
まさに今この瞬間も、私はこのおひとりさまコタツに入ってこのブログを書いている。
もちろん快適だ。

真冬の底冷えで辛い思いをしている方にはぜひオススメしたい。
ネットで数千円で買える。
この数千円がどれほど安いかは、使ってみれば分かるだろう。

ただ、私のお客さんにはピアノ教室の先生が多いが、ピアノを弾きながらこれを使うのはさすがにアレかもしれない。

まず足の踏ん張りがきかない。
肩幅ほどには到底足を開けないので、姿勢的によろしくないだろう。

それにピアノのペダルも踏めない。
無理やりコタツの上から踏むには、左足も一緒にペダル付近にやることになる。
この体勢は、やってみると分かるが腰に来そうである。

そして何より、見た目がよろしくない。
変である。

ピアノを弾く時には向かないが、デスクワークには最強のお供である。
ぜひ試してみると良いだろう。

ちなみに、今私が使っているものは2代目である。
1代目は既にお亡くなりになり、リピったのである。

もう、こいつ無しに冬を越すことはできない。
それほどの盟友なのである。

ということで今回は、真冬の底冷えに悩む方、「おひとりさまコタツ」の評判が知りたい人に向けて、「おひとりさまコタツ」を実際に使ってきた私の感想をお話した。
いわゆるレビューってやつだ。

寝袋状の「おひとりさまコタツ」はマジでオススメである。
お試しあれ。