今日も気ままに語っていく。

先月の出来事だが、ある日突然ノートPCが壊れた。
HP(ヒューレットパッカード)というメーカーのノートPCである。

このPCは私が独立した2016年の秋に買ったものなので、4年ちょっとの命だった。
もうちょっと粘ろうと思っていたのに、案外早かった。

この日は朝から、私が運営する全国ピアノ教室オンラインレッスン研究会のZoom定例会の日で、開始時間の前にPCを電源を入れたら立ち上がらなかった次第だ。

その日は時間がなかったので、定例会はデスクトップPCでZoomに入り、私は音声のみでの参加となった。

外出が減ったとは言え、ノートPCは手元に欲しいので、すぐに次のノートPCを発注した。

もうHPは買わない。
4年で壊れちゃったもん。

今回、私が選んだのは THIRDWAVE というメーカーのものだ。
誰も知らないだろう。

ドスパラというパソコン屋さんがある。

自作PCと言って、1台のパソコンをパーツ単位で個別に買って自分で組み上げるものがあるのだが、ドスパラはそんなPCヲタクに愛されてきたお店であり、PCの販売サイトでもある。

私も20代の頃から自作PCを楽しみ、このドスパラにはお世話になってきた。

このドスパラがオリジナルモデル?のPCを販売しており、それを作っているのが今回買ったノートPCの THIRDWAVE というメーカーらしい。

さてそのドスパラ(THIRDWAVE)のノートPC、どうかと言うと、快適である。
さすが、安心と信頼のドスパラだ。
よし。

値段は8万円くらいだった。

スペックはざっくりこんな感じ↓

OS:Windows10 64ビット
CPU:Core i5-10210U
メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ:512GB NVMe SSD

まぁまぁのスペックを与えた。

前回のHPのノートPCも同じくらいの価格だったが、世の中は進歩しているものだ。
8万でここまでのスペックにできるのかと驚く。

Windows10 は、実はけっこう重いと私は感じている。

10の前のWindows8のほうが快適で、私は好きだった。

前のノートPCを買ったときはこのことを知らず、「こんなもんで大丈夫だろう」と思って買ったのだが、スペックが少々足りなかったらしい。
正直ポンコツだったのである。

そんな過去もあり、今回は気持ちしっかりめのスペックを積んだ。
結果、快適である。
画像や動画の編集となると分からないが、通常の事務作業程度なら十分だ。
よし。

パソコンはおもしろい。
私は音大というスーパーアナログ畑の出身だが、こんなPCヲタクでもある。

それどころか、こんなウェブの仕事で身を立ててしまって、自分で言うのもナンだが、なかなかの珍獣だと思う。

でも私のお客さんであるピアノ教室、音楽教室の先生はアナログさんが多い。
マーケティングというか、ホームページ等のウェブを使った集客(生徒募集)も苦手な人ばかりだ。

自分が得意な分野で、それが不得意な人の役に立てるというのは嬉しいことである。

音楽で身を立てることはならなかったが、今は今を良しと思っている。

人生、何がどう結びつき、どう転がるか分からない。
この世はよくできた、おもしろい世界だと思う。

ちなみに、今回は先月買い替えたノートPCの話をしたが、実は去年、メインのデスクトップPCも新調した。

5月頃、なんか政府がお小遣いをくれたので、ソッコーで日本経済への貢献に回した(ハイテク株が好調なわけだ)。
18万円でかなりのスペックを手にできた。
もちろんドスパラである。
この辺も、また別の機会に語っていきたい。