今日は世田谷での最後のランチを終えた。
最後の晩餐ならぬ、最後の昼餐?だ。

フィニッシュは小田急線梅ヶ丘駅すぐの美登利寿司総本店である。
チャリンコでぴゅーっと5分のところだ。

美登利寿司は銀座や香港、台湾にも支店を展開する、けっこう有名な(たぶん)お寿司屋さんである。

有名だから、一度行こう行こうと思ってきたが、実はまだ一度も行ったことがなかった。
行く行く詐欺である。

だが永井は魚介類を好んで捕食する生き物なのだ。
世田谷に棲息しながら美登利寿司に行かないなど言語道断なのである。

ということで、世田谷食べ納めのフィニッシュは美登利寿司にした。

決してギリギリまでやらない生態なのではない。
永井は夏休みの宿題は最初の数日で終わらせて、1ヶ月全力で遊び倒すタイプだったのである。

梅ヶ丘の本店はコロナ前から、いつも行列ができている事で有名だ。

お店の前を通ったことは何度かあるが、いつもズラっと並んでいたのが、今まで行かなかった理由である。
永井は飲食店で並ぶのが嫌いな生き物なのだ。

だから今日は朝イチでネットで待ち登録をして、即入店できるようにした。

朝11時から回らない寿司である。
私も良い身分になったものだ。

行ってみたら、1番乗りか2番乗りくらいだった。
ガラガラである。

そうか、流石の美登利寿司もこの緊急事態宣言下ではすいてるんだな、、、

ご注文は、おまかせにぎりみたいなランチセットである。
たしか2,800円(+税)だったから、ランチとしてはなかなかのご馳走だ。

味は、もちろんおいしゅうございました。
ネタもおっきくて、最初は不格好に口に入れそこねるほどでしたよ。
流石です。

おまかせにぎりというくらいだから、何やら板前さんがネタの名前を言いながら出してくれたんだけど、正直7割方聞き取れなかった。
英語のリスニングテスト級

なんか、活舌が悪い人だったのかな?
私が知らない単語を言っていたからなのかな?

なんか、よく分からないけど、勢いはいいんだけど、何言ってるのか分からない、、、
かと言って聞き返すのもアレだし、、、

でもまあいいや、うまいから。

そんな感じで、正直3分の1くらいは、よく分からない魚を食べてきた。
うまかったからいいんだけど。

まぁ大トロ、中トロ、ウニ、イクラくらいは見て分かりましたよ、流石に。

大トロは330円で追加できたから、追加しちゃった。

うまかったわぁ、、、

大トロって、油だね。
うまい油を食べてる感じ。

781グラムの鶏もも肉でひとり唐揚げパーティーをしちゃう私でも、今日の大トロは2貫で満足だった。
ちなみに特売の鶏もも肉781グラムと美登利寿司の大トロ1貫の値段はトントンである。

うまし。
よかろう。
苦しゅうない。

これでもう世田谷に未練はない。

明日は朝から引越しだ。
今日は早く寝るとしよう。

あ、冷蔵庫の電源抜くの忘れないようにしないとね。