ピアノ専攻でなくてもピアノ生徒は集まるの?

永井です。

先週、ちょっとユニークな先生から LINE メッセージをいただき、無料電話相談をさせていただきました(LINE無料相談はこちら)。

何がユニークかと言うと、この先生はある日本の伝統楽器の先生でいらっしゃるんですね。

この時点で十分珍しいのですが、私へのご相談はと言うと「ピアノの生徒を集めたい」ということだったんです。

「伝統楽器+ピアノ」の組み合わせに最初はびっくりしてしまいましたが ^ ^ ;
要は「ピアノ専攻でない先生でもピアノ生徒は集められるか?」という類のご質問ですね。

↑こういうことであればよくある話かと思います。
声楽とか、バイオリンとかフルートの先生がピアノも教えてるということはよくありますよね。

今回の先生の場合、ピアノはもちろん小さい頃から習ってきて、大学は教育学部に行かれたそうです。
そこで伝統楽器に出会い、ずっとその楽器を続けてこられたとのこと。

ただピアノも 、ブランクはありつつも細々と続けてこられたそうで、学生時代にも何人か教えた経験があるそうなんですね。

そして最近はピアノの方で演奏を頼まれたりすることも増えてきたそうで、だったらピアノでも生徒さんを集められないか?と考え始めたのだそうです。
子供に教えるのが好きだということもあるみたいですね(伝統楽器の方は子供はあまりやらない)。

で、ご相談内容へのお答えですが、伝統楽器であろうと、バイオリンであろうとフルートであろうと、ピアノ専攻の先生でなくても、ピアノの生徒を集めることはそれなりに可能だし、それは決して悪くないことだと私は思います。

ピアノの演奏技術とか、ピアノ指導に関する蓄積であれば、それはもちろん、ピアノ専攻の先生にはかなわない場合も多いかもしれません。
でもそれと、生徒が集まらない、買い手がつかない、ということはイコールではないと私は思うんです。

どの先生に習うかを決めるのは、お客様です。

保護者さんのご希望に合致した先生が選ばれる場合もあれば、中には「子供に選ばせる」なんて親御さんも、結構少なくないんですよね。

「子供が一番楽しそうだったから」
「子供が一番懐いていたから」
「子供と先生の馬が合いそうだから」

そんなふうに「子供が決める」場合も結構あるわけです。

普通の4歳児は「東京藝術大学」なんて、まず知らないでしょうね ^ ^ ;
その先生がどんな大曲をどんなに上手に弾けるか、なんてことも、まー考えてないでしょう。

この4歳のお客さまのご関心(=スポンサーの関心)が「先生がピアノ専攻かどうか」でないのであれば、別の価値基準で選ばれる可能性は十二分にあるということです。

ピアノの演奏技術や指導力だけではない、別の何かがあれば、ピアノ専攻でない先生の所にもピアノ生徒さんが集まることはあるでしょう。

「解せぬ!」

正直そう思うピアノの先生もいらっしゃるかもしれません ^ ^ ;

でも私はこれでいいと思うんです。

お客様が買いたいものを買いたい人から買う。
ただそれだけのこと
だと思います。

その人が何を良しとするかは、その人が決めることです。
あなただって一消費者として、そうですよね?

他の人がどうこう言っても「あたしはこれがいいの!」って事、あると思います(笑)

もちろん教える側は、専攻でないからと言っても、お金をもらうからにはプロとして立つわけですから、それなりの努力もしなければならないのは、私が言うまでもないでしょう。

ちなみに、今回と似たようなお悩みとして「音大出身か否か」というお話もよく伺いますが、これも結局は同じ事かと思います。
ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例
教育学部ご出身の愛情いっぱいI先生! これで生徒が集まらないわけがない

ということで、今回は「ピアノ専攻でない先生にもピアノ生徒は集められるか?」というご相談への答えをご紹介しました。

ごくごく普通の結論かもしれませんが、これが私の考えになります。
答えは「可能」です。

 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)