1年半で生徒が19人増えて50人達成♪ 横浜のピアノ教室T先生の軌跡

永井です。

今回は、以前にもご紹介したことのある横浜のピアノ教室 T 先生のその後と、これまでの歩みをご紹介します。
ブログを続けて思わぬ強みが見えてきた横浜のピアノ教室T先生
「私が思い描いているお教室に少しずつ近づいている」― 横浜のピアノ教室 T先生の声

私が T 先生のホームページを制作させて頂いたのが去年の5月だったので、今月で1年半が過ぎました。

一昨日、毎月行っている電話面談で「早いもんですねー」なんて話していたのですが、

「気づけばこの1年半で生徒さんが19人増えました!」

と嬉しそうに教えてくださいました。
それはそれは、私も嬉しいです ^ ^

T先生には、ホームページ制作の時点で既に30人以上の生徒さんがいらしたので、今はもう50人以上になっています。
生徒さんが増えて入会枠も限られている中、うまいこと収まってくれたようですね。

紹介の人もいらっしゃいますが、皆さんホームページは見た上で来て下さっているとのことです。
やっぱり誰かに良いと聞いても、ホームページがあったら「どんな教室かしら?」って見るんでしょうね。

皆さんホームページやブログをよく読み込んだ上で来てくださるので、T先生の入会率はかなり高いほうだと思いますよ。
ブログで教室検討者をファン化する

周囲のライバル状況や検索面では決して楽なエリアではないのですが、順調に生徒さんが増えていて、私もほっとしています ^ ^

1年半で45本、着実に良いブログを書き続けてきた

私はいつもホームページは育てるものですよ、ということを言っているのですが、このT先生のホームページもまさにそうでした。
放置厳禁!ホームページを育てるとはどういう事か
インターネットを使った生徒募集は農耕に似ている

まず、コンスタントに着実に良いブログを書き続けてきたことが効いていますね。
これが基本なんです。

この1年半でT先生が書いてきたブログは全部で45本。

平均すると月に2.6本の計算なので、決して多いとは言えない数かと思います。

数こそ多くはないですが、T先生は着実に、実のある良い記事を書き続けてきました。
やはりブログは量より質だとつくづく思いますね。

何度かテコ入れをして鍛え上げてきた

そして実は、T先生のホームページはこの1年半の間に何度かテコ入れをしてきました。

ブログをしっかり積み重ねていく中で、私も最初のホームページ制作時点では見えてこなかった、この先生の「強み」がいろいろと見えてくるようになったからですね。

ご本人にはそれが強み・魅力だという自覚がなくても、ハタから見たら魅力だということが、何の気なしに書いたブログの中にコロッと出てくることがあるんです。
おもしろいですよね ^ ^

こうして私がブログを見ていて発掘した強みがいくつかあります。
ピアノ講師ブログを書き続けると発掘できるお宝

他には、体験レッスンに来てくださったお母様の口から出てくる場合もあります。
1人や2人の体験レッスンでは分かりませんが、5人、10人、20人と、ホームページから体験レッスンに来てくれた方のお話を伺っていくと、一定の傾向が見えてきたりするんですね。

お客様はホームページに書かれている何を良しとして来てくれたのか?
それこそがその教室の本当の強み
なんですね(先生の自覚に関係なく)。
ピアノ講師の本当の強みを見つける方法

こういうところを見落とさずに、しっかりと拾い上げて、ホームページで常時表示しているレッスン案内や教室概要のページに反映させていくと、だんだんホームページが筋肉質になっていくんですよ。

T先生のホームページもこうしたテコ入れを何度か繰り返す中で、今はかなりムキムキなサイトに育ちました。

ホームページもこれぐらい仕上がってくると「理想の生徒を継続的に集めるマシン」として、かなり安定して力を発揮するようになってきます。

こうして今や T 先生はブログの勝ちパターンも明確です。
思い込みや仮説ではなく、実際にお客様からの反響率が高い鉄板記事のツボが明確に見えている状態ですね。

他の人が表面的にマネても上手くいくとは限らない、この先生固有の魅力です。
これくらいになってくるともう、強いですよ。

私は以前に「ホームページを使ったピアノ生徒集めが軌道に乗るまでの流れ」というお話をご紹介しましたが、T先生の軌跡がまさにこれです。

私が母のピアノ教室を再建した時の道筋にかなり似ています。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に、2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

さて、ここまで仕上がった状態で、年明けからの入会シーズンを迎えたらどうなるでしょう?
いやぁ、楽しみですね~ ^ ^
ここから一番楽しいところです!
体験申込が続々わくわく♪ はて?春の入会ラッシュは3月から? いえいえ実は……

以上、今回は着実にホームページを育ててきた横浜のピアノ教室 T先生をご紹介しました。

ひとつの成功事例としてとても参考になるかと思います。
この記事の文章中に張ったリンク先まで丁寧に読み込んでいただくと、同じような成功の軌道を描くための秘密が、かなり見えてくるでしょう。
ぜひ実践してみてくださいね ^ ^
 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)