ホームページによるピアノ生徒集めも「自力」を手放すと加速する!

永井です。

今回も、先週末に新宿で開催したセミナー(※)にご参加された、あるピアノ先生のお声をご紹介します。
【無料】「理想の生徒が継続的に集まる仕組み作り」入門セミナー

自分で作るか、人に頼むか

前回のブログ記事(※)でご紹介したピアノ先生とは別の先生なのですが、受講後のアンケートに次のようなことを書いてくださいました。
あなたのピアノ教室のライバル、どう対抗する?

専門的な詳しい内容でしたのに、無料で受けられて大変有難いと思いました。
自力で突破するには、なかなか難しい点も多々あると感じました。
お願いしたい気持ちもあったので、参加して踏ん切りがつきました。

ありがとうございます!

無料は大盤振る舞いだと、私も思ってます(笑)
喜んでいただけて何よりです ^ ^

そしてこうも書いてくださいました

>自力で突破するには、なかなか難しい点も多々あると感じました。
>お願いしたい気持ちもあったので、参加して踏ん切りがつきました。

実はこの先生はちょうど今、ご自分でホームページを立ち上げようとしている段階で、今回私のセミナーに勉強で来てくださいました。

慣れないホームページ制作をご自分でやろうと準備をされていたんですね。
でもこのまま自分で続けるか、私に頼むか、どうしようか迷っている状態でセミナーにいらしたと打ち明けてくださいました。

セミナーに参加した結果、全てを自力でやるのは難しいと判断し、私に頼む決心がついた、というのがこの回答の背景です。

自力を選ぶことによる「機会損失」

私のセミナーにいらした方のその後の行動は、次の3つに別れます。

  1. 自分で実践する
  2. 永井や他の業者に頼む
  3. 何もしない

今回の先生は、2番目の「永井に頼む」という選択をされた形です。

今この記事を読まれているピアノ教室の先生も、ご自分でホームページやブログを作って、生徒募集を頑張っておられる方も少なくないかと思います。

どうですか?
生徒さんは順調に集まってますか?

私は私のセミナーで、ホームページを中心とした生徒募集のノウハウを、出し惜しみ無しで全部お教えしています。

やり方をお教えしてはいますが、それが「実際に実践できるかどうか?」は、それぞれの先生方の IT スキルやセンスによるところがどうしてもあります。
誰にもやれない事ばかり教えているわけではありません。

自力でやって上手くできる人は、その調子でどんどんやって頂けたら良いかと思います。
ウェブ集客を自分でやるのは、これは楽しい人にとっては楽しいです ^ ^
私がそうですからね♪

悩ましいのは「自分でやるのが苦痛」という場合ですよね。
慣れないし、分からないし、疲れるし、時間はないし、、、

お金がもったいないから、自力で何とかしたいという気持ちもあるでしょう。

それで上手くいくなら良いですけれども、苦労して自力でやった挙げ句、全然生徒が集まらなかった場合は、大変なくたびれ儲けになってしまいますよね。

それどころか、大きい声では言えませんが「無料のツールでやってきたことが、後になって呪いのように足かせになる」ということも実はあります。

なんか楽器の独学に似てますよね ^ ^ ;

非常に手前味噌な主張に聞こえると思いますが、ITが苦手だ、苦痛だ、やりたくない、分からない、という感覚をお持ちの方は、無理に自力でやらないことをお勧めします。

そして信頼できるプロに(ていうか私に)頼むことです。

時間は貴重です。
労力も貴重です。
自力のタダはタダではありません。

「機会損失」という言葉をご存知でしょうか?
利益を得る機会を逃すことによる相対的な損失のことです。

同じ期間やったとして

自力でやった場合は3人
私に頼んだ場合は10人
↑これだけの生徒が集まったとしましょう。

私のサポート料金の月額は、生徒さんの月謝で言うと3人分程度です。
つまりこの場合、自力を選んだことによる機会損失は4人(10 – 3 – 3)となります。

私のサポート料金は、全月謝の50%とか60%といった定率ではなく定額なので、集まる生徒さんが増えるほど、この機会損失の差は広がります。
※詳細 雇われピアノ講師 と 自宅ピアノ講師 ~ あなたのレッスン料の取り分は何%?

この差が2年、3年、あるいは20人、30人と累積して行った時に、後々笑っているのはどちらの自分か、想像してみると良いでしょう。
※この辺りの試算は料金のご案内ページで詳しく書いています。
生徒募集にも投資の観点を ~低リスクで黒字運用が見込める料金設定~

今回のセミナー参加者のピアノ先生は、「自分には無理そうだな」ということを受け入れて、私を信じてご依頼くださいました(ありがとうございます!)。

ITが苦手だという先生は、どうぞ無理をなさらず、私を頼ってください。
無理をして一人でやるよりは、きっと楽しい未来が待っていると思いますよ ^ ^

もちろん

IT関係は好きだ
自分でもできそうだ
自分でやっても手応えがある

そういう方はどうぞご自分でやってみると良いでしょう。
それはそれで楽しいですからね ^ ^

以上、今回はピアノ教室のホームページ制作と生徒集めを、自力(独学)でやるということについて、私がどう見ているかということをお話ししました。
ご参考になれば幸いです。

※私以外の業者に頼まれる場合の判断は自己責任でお願いします。