あなたのブログは、あなたの「生き様」が感じられるか?

永井です。

もう半年以上前になりますが、去年の5月にLINEメッセージを頂き、ホームページ作成をご依頼頂いていた、某地方都市のピアノ教室 M 先生(※)のホームページが先月完成し、今月から運用を始めています。

あなたのピアノ教室は普及型? それとも追究型? ~ 某地方都市のピアノ教室 M先生の事例

去年ブログでご紹介したとおり、これまでも信念いっぱいでピアノ人生を生きてこられた方で、ホームページ公開早々から、ブログも毎日のように更新して頑張っていますよ ^ ^

そんなM先生ですが、教室ホームページが完成してご自身も喜んでくださっているのですが、今回ご紹介したいのは、その娘さんの声です。

それがこちら↓

うちの娘が、誉めていました。永井さんすごいねって。わかりやすくてスッキリしているって。お母さんがこれまでやってきたことの集大成がここに詰まっている感じがする。生徒さんを集める云々以前に、こうして今、作成することで、これまでのお母さんの生き様が見えて、娘として嬉しいと、言われました。

お母さんの「生き様」がホームページとして表現されることへの誇らしさ、嬉しさというものがあるのでしょう。

私も去年LINE メッセージを頂いてお電話した時に、「なんてまぁ~、ずいぶんと骨のある人、芯のある人だな」と感じましたが、娘さんにとっても自慢のお母さんなんでしょうね。

「生き様」というのは、独特の表現ですよね ^ ^
何か、中に芯がビシッと入っている感じがします。

自分で使うにはちょっと覚悟のいる言葉ですが、でも、よくよく考えてみると、何十年もピアノを続けてきて、ピアノを弾いたり教えたりということにこだわり続けているピアノ講師さんは全員、それぞれの生き様を持っていると言えるかもしれません。

私はいつも、ホームページを使った生徒募集において「類は友を呼ぶ」という法則のことをお話ししています。
参考:
ネット生徒募集の秘訣!「類は友を呼ぶ」

そのためには世界中の「友」に向けて、自分の「類」を強烈に発信していく必要があるのですが、外から「この人の生き様」と見えるぐらいまで、自分の信念やあり方に磨きをかけていくということは、1つの理想と捉えても良いかもしれませんね。

あなたはピアノ講師として、人や家族から「生き様」と見られるぐらい、鍛え上げた信念や、ブレないこだわりはありますか?

私は……
まだまだ精進します! ^ ^ ;

一応↓こんなのはありますけどね。
私の使命は、先生方の音楽教室が理想の生徒さんで溢れ、経済的にも精神的にも安心・満足・充実のある日々を手にするまでサポートしきること

こういう「生き様」という観点を持って、一貫した姿勢で日々ブログ発信をしていくと、たぶん、あなたとあなたのホームページは次第に強力な磁石と化してきて、あなたの周りに様々な人が集まり、あなたに感化されファン化されていく、そういうことが起こってくると思います。

参考:
ブログで教室検討者をファン化する
集客に成功したピアノ教室ホームページの特徴 ~ 横浜のピアノ教室T先生の場合

今すぐにどうこう出来なくても、中長期的にこういうことを目指していくのは、とても大事なことだと私は思いますよ。

以上、ホームページが完成した某地方都市のピアノ教室M先生の娘さんの声から、生き様と教室集客ということについて考えてみました。