LINEメッセージ「おはようございます。添削ありがとうございました!なるほど!なろほどと唸ります!もはやホームページ制作依頼というより、永井門下入門ですね、よろしくお願いします」

永井です。

先日、私がホームページを作成した世田谷区のピアノ教室 E先生から↑こんな LINE メッセージをいただきました。

世の中のホームページ製作会社は 、ホームページを作成して納品したらそこでおしまいと言うところばかりです。

「じゃ、あとは頑張ってね!バイバイ!」

と言わんばかりの「作ってバイバイ」型です。

ウェブ集客のやり方を知らないピアノ講師さんは、ホームページだけ渡されて放り出されても、その先何をどうしたらいいのか分からないと思います。

かと言って何もせず放置しても、ホームページは集客マシンとして育ちません。

なので私はピアノ教室のホームページを作成した後も、ブログの添削をしたり、検索対策のアドバイスをしたり、ホームページの内容をブラッシュアップしたりと、丁寧に丁寧に、二人三脚で一緒にホームページを育てていくサポートをしています

冒頭の LINE メッセージは、そんな私の集客サポートを受けている E先生からの、ある日のブログ添削メールをお返しした後のお返事だったわけです。

>なるほど!なろほどと唸ります!

↑と喜んでいただけているのも嬉しいですが

>もはやホームページ制作依頼というより、永井門下入門ですね

と言ってくださいました。

ほぉ~~!なるほどね!

非常に端的な表現に、今度は私の方が唸ってしまいました笑

なるほど「門下」ね!
的を得たニュアンスです。

そうそう、そうなんですよ。

よく永井のことを

「ホームページを作ってくれる人」
だと思ってお問い合わせをくださる方がいます。

それはそうなんですけど、ちょっと違うんですよね。

正確には

「ピアノ生徒集めを教えて手伝ってくれる人」
↑こっちのニュアンスです。

ホームページはそのためのただのツールです。

ピアノ生徒を増やすことが目的(※)なのであって、ホームページはただの手段です。
※本当の目的はその先にある未来ですが。

なのでその手段のほうを目的としてお求めの方、つまり

「ただホームページを作ってくれさえすれば良い」

とか

「作った後は自分でやりたいようにやりたい」

という方は、永井は違いますので

他社へどうぞ

という話です。

↑こういう方がダメだと言ってるんじゃないですよ。

パンが食べたくて入ってきた方に、「あなた、ラーメン屋さんに入っちゃってますよ!」みたいなことを言ってるわけです。

なのでまあ、永井は「ピアノ生徒募集教室」みたいなところだと言ってもいいでしょう。

ピアノを習うにはピアノを買っていただく必要があるし、そろばんを習うにもそろばんを買う必要があります。
うちの場合はそれがホームページだというだけの話です。

そう見ると「永井門下入門」というのは、非常に的を得ているんですよね。

今度からお客さんのことを門下生と呼ぶことにでもしましょうか笑

結局のところ、ウェブ集客( ウェブマーケティング)というのは、ピアノと同じように人間が練習を繰り返して身につける技術なんですよね。

それを一番早く確実に身につける方法は、やっぱり人に教わることだ、というのが私の結論なんです。

習う ⇒ 練習する ⇒ 見てもらう

↑これの繰り返しですね。
どこかで見た話なんじゃないでしょうか。

ということは当然、私にもウェブ集客のお師匠さんがいます。

スガナミ楽器でホームページ担当をやってた頃、ウェブマーケティングのウェの字(ウの字?)から教わってきた方で、今も教わり続けています。

このお師匠さんには私の他にも「門下生」がいて、それぞれ全然別の業界の人達ですけれども、それぞれに成果を出されています。
門下生同士で学ぶこともたくさんあります。

このように、「門下」という見方をしてみると、私のビジネスモデルが非常にクリアになります

なんと私は私の門下を作っていたのでした。
なんで今まで自分で気づかなかったんでしょうね笑

やっぱり他人の目って大事ですよね。

お客さんの口からこうして教えてもらえる事が私にもあるわけです。
ピアノ教室の先生だってそうですよ。

という事で、ウェブ集客スキルを最短ルートで習得したい方は、「永井門下」に入られると良いでしょう。

もちろん独学や自己流でそれなりにできる人もいますけどね。

人間がやることである以上、やはりウェブ集客にもセンスの個人差はあります。

勘のいい人は1人でなんとかなる場合もあるでしょうから、そういう方には私は必要ありません。

私は私を必要とされる方のためにいます。

 

【NAGAI生徒募集サポーティングのメニュー】

ピアノ教室ホームページ作成~理想の生徒を集める!

無料セミナー「理想の生徒が継続的に集まる仕組み作り」入門(オンライン)

・ブログ:ピアノ教室ネット集客(生徒募集)のポイント

・ブログ:生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方

お客様の声

無料LINE電話相談

永井って誰?という方はこちら