あなたのピアノ講師ブログ、「すっぴん」でネットに大公開しちゃってませんか?

永井です。

今回はピアノ教室ブログの書き方についてのお話です。

ピアノ教室ブログでもなんでも、ブログ記事には「顔がある」って考えたことありますか?

お顔、頭ですね。

一番上にあるやつで
一番最初に見られるやつで
一番重要かもしれないやつ
です。

ブログの場合どれがこれにあたるかと言うと、私は記事のタイトルだと思います。

メールの件名と本文みたいに、ブログもタイトルと本文で大きく分かれますよね。

ブログの場合、首から上がタイトルで、首から下が本文ということになります(ちょっと気持ち悪い例えですが笑)。

お顔って大事だと思いませんか?

たぶんあなたは女性だと思いますけれども、普段お化粧ってしますよね?

ところが、
例えば、
もしもですよ

首から下はばっちりドレスアップして、もうすごく綺麗なドレスを着て、ダイヤモンドのネックレスとかジャラジャラ付けちゃったりして、スタイルもすごくいい女性がいたとしましょう。

この人が顔だけ「すっぴん」だったらどうでしょう?

変ですよね?笑

しかも、
例えば、
もしもですよ

この人がマジックショーに参加するとして、首から下が箱とかマントみたいなやつで隠されたとしましょう(よく早着替えで見るやつですね)。

この状態が傍からどう見えるかというと、もはや「ただのすっぴんの人」なんですよね。

このタイミングでテレビをつけた人はどう思うでしょうか?

「あー、なんかすっぴんの人が箱に入ってるな」
↑ぐらいにしか思わないんじゃないでしょうか。

このすっぴんさんが、箱の中でどんな格好をしていると想像するでしょうか?

たぶん、部屋着なんじゃないでしょうかね?
スウェットとか、T シャツとか、すっぴんにお似合いなやつですよ。

このすっぴんの下がバリバリに着飾っていようなんて、普通は想像も期待もしないですよね。

そうして特に興味を引くこともなく、ソッコーでチャンネルを変えるわけです。
(変な状況すぎて逆に気になるかもしれませんけど)

ちょっともう、例えとしては崩壊しかけているありえない話ですけれども笑、これをブログでやっちゃってる人がけっこう普通にいるんですよ。

本文のほうはすごくいいことが書いてある。
すごくほっこりする生徒さんとの良いエピソードが書かれている。

にもかかわらず、タイトルが

「ある日のできごと」

とかね。

↑これがもう、私の目には先ほどの「すっぴん首人間」に見えてならないわけです。

あ~ぁ、もったいないなーって。

ブログはタイトルを見て、その記事を読もうか読むまいか判断されることが多いです。

中にどんなに良いことが書かれていても、タイトルで興味を引けなければスルーされて読んでもらえないでしょう。

それだけ、中身の情報価値に見合う、魅力的な記事タイトルをつけることって大事なんです。

わざわざ回りくどくお化粧に例えたのは、「それくらいの差を生じるものだ」ということ、その重要性を感覚的に伝えたかったからです。

「そんなに着飾ってるのに、なんで化粧しないの?」

っていうことが、本当に多いんですよ ^ ^ ;
笑い話じゃなくて、本当に。

ですからぜひ、お出かけする前(記事の公開前)には、姿見で上から下までよくチェックしてみましょう。

あっ!お化粧してなかった!!

なんてことに気づくかもしれませんよ。
(何度も言いますがこれは笑い話ではありません)

まぁでも、タイトルって一番難しいんですけどね ^ ^ ;

少ない文字数で「何を」「どう」表現するか?
この判断とテクニックは、鍛錬が必要なことでもあります。

日々探求し練習していく中で上達していくものでもありますので、ぜひ根気をもって取り組んでみることを強くお勧めしますよ。

すっぴんで生きていくのか、お化粧を覚えて生きていくのか、それくらい本当に違うと思いますのでね。
(何度も言いますがこれは笑い話ではありません)

おしまい。

 

【NAGAI生徒募集サポーティングのメニュー】
ピアノ教室ホームページ作成~理想の生徒を集める!

無料セミナー「理想の生徒が継続的に集まる仕組み作り」入門(オンライン)

ピアノ教室ウェブ集客塾(オンライン)

全国ピアノ教室オンラインレッスン研究会

・ブログ:ピアノ教室ネット集客(生徒募集)のポイント

・ブログ:生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方

お客様の声

無料LINE電話相談

永井って誰?という方はこちら