ネット生徒募集でたった1つやるとしたら?

永井です。

今週は4月のウェブ集客セミナーを行いました。

今回はこのセミナーにお越しくださった、世田谷でピアノと音感教育の教室をされているH先生の事例をご紹介します。

次のページも人気です
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(記事一覧)
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(記事一覧)
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

ホームページが検索で上位表示できない……

ご自宅でピアノを教え始めて十数年、ホームページも、無料の某制作サービスを使ってなんとか自力で自分の開設されていたというH先生。

IT関係が苦手で、お手元のタブレットひとつで頑張ってホームページを作られたそうです!
慣れなくて大変だったでしょうに、素晴らしい!
(ああいうのって「簡単」と謳いつつけっこう難しいんですよね…ボソ)

しかしホームページは作ったものの、なかなか検索で上がってくるようにならず、どうしたものかと調べる中で私のホームページにたどり着いてくださったのだそうです。
ありがとうございます ^ ^

※たぶん次の記事をご覧になったのだと思います。
これだけはやろう!個人ピアノ教室の検索上位表示対策(SEO)

そして私のブログをお読みになり、独自ドメインの大切さをお知りになり、早速ご自分のホームページでも独自ドメインを購入したいのですが質問したいことがある、ということで、LINE@からメッセージを頂いたのが最初のコンタクトでした。

ドメインの質問にはお答えしたのですが、他にも大切なことは山ほどありますので、私のセミナーに一度お越しいただければ、大切なことは90分で一通り体系的に学ぶことができて効率的ですよ、とお話させていただき実際にセミナーに来てくださったのです。

いろいろ作ったものの、忙しくて更新できない!

H先生は、ホームページの他にも、ご友人や知人から「 Facebook や Instagram も流行っているからやった方がいいよ」と言われ、アカウントの開設まではご友人がやってくださったのだそうです。

でも、お子さんの関係で今ご家庭も忙しい時期ということもあり、投稿や更新ができず放置してしまっている、とのことでした。

ウェブの更新も、ご家庭やレッスンなど忙しい合間を縫ってやることですから、あっちもこっちもちゃんとやるというのは、実際問題、簡単ではないですよね。

SNSを捨てる勇気

今回、H先生にお話ししたアドバイスは、SNS は思い切って捨てるということです。
そして、月に2~3本でもいいですから、ホームページにブログを書くことだけをやる。

こう自分で決めることで、だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。

大変だと思うから、気が重くなるし、腰も重くなる、そうしてなかなか手もつけられない。
そんな負のスパイラルにはまってしまうぐらいなら、いっそ手放して軽くなった方が良いのではないかと私は思います。

インターネットを使って生徒さんを集めるにあたり、忙しくてあっちもこっちもできないという場合、たった1つやるとしたら、「ホームページにブログを書き溜める」ということを私はお勧めします。

限られた時間と労力を、ホームページのブログに集中させるのです。

SNSの投稿は流れていってしまうので賞味期限が短いですが、ホームページのブログは財産として蓄積させていくことができます。
これはホームページを訪れた人に対しての説得力にもなります。

そして過去の投稿になってもそれぞれの記事が、たとえ少しずつであっても、ずっと検索からのアクセスを集め続けてくれます。

自分が投下した時間と労力が「流れて終わり」のSNSに対し、「財産として蓄えていける」 のがホームページです。

ですので私は、時間がない方には「少しずつでもホームページにブログを書き溜めていくこと」をオススメしています。

このあたりの詳細は以前の記事にも書きましたので、興味のある方は次の記事をご覧ください。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

※ブログ記事の入れ物はあくまでホームページです。アメブロなどの無料ブログや無料で使えるホームページサービスはお勧めしていませんのでご注意ください。
私がピアノ教室の生徒募集にアメブロを薦めない理由

H先生も今回のアドバイスをお聞きになって、

「子供が落ち着いてから本格的に生徒募集ができるよう、少しずつホームページを育てて準備していきます ^ ^」

と、お帰りになられました。
何をどうしたらいいのかと悩んでおられた最中でしたので、明確な指針をご提示してスッキリ安心していただけたようで、私も嬉しかったです ^ ^

以上、今回はウェブ集客セミナーにお越しくださった世田谷のピアノ教室H先生の事例を通して、ネット集客で使うツールの優先順位についてお話ししました。

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)