ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例

永井です。

先月のことですが、福岡のピアノ教室の S 先生という方から、生徒募集のご相談のLINEメッセージを頂きました(無料LINE相談はこちら)。

先日、電話で詳しいお話を伺ったのですが、とても素晴らしい方だったのでご紹介します ^ ^

最近なぜか一般大学出身の音楽教室の先生からのご相談が続いているのですが、今回の S 先生もそうした方のお一人です。

ホームページを使っての生徒募集について、色々なピアノ教室の先生方のお話を伺っていると、ちょいちょい話題にあがるのがこの「出身校」というものです。
「学歴」ってやつですね。

短大だったからとか、一般大学だったからとかで、学歴の部分においてコンプレックスと言いますか、負い目に感じている、不利だと感じている先生も少なからずいらっしゃるように、私は感じています。

今回は、個人ピアノ教室における講師の「学歴」について私が思っていることのお話です。

次の記事も人気です
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

人の心を動かすもの

さて今回の S 先生、教室も去年までは30人くらいの生徒さんで賑わっていたそうです。
しかしこの春に進学の関係などでパタパタと退会が続き、生徒を少し補充したいので、これを機にホームページを制作して、ウェブ集客の技術を貸して欲しい、というのが最初にいただいたLINEメッセージでした。

S 先生は自作のホームページもお持ちなのですが、生徒が減ってから久しぶりにブログなどを更新してもなぜか問い合わせが来なくなってしまったので、私にお声をかけてくださったとの事です。

自作のホームページがどの程度機能していたのかは分かりませんが、今の時代、自力で30人の生徒さんをお持ちというのは、なかなかですよね。
ピアノ教室全体の中では、生徒さん30人は多いほうなのではないでしょうか。

やり手の先生なのかなと思っていたのですが、電話でお話を伺って、なるほど、生徒さんがそれだけ集まっていた理由が大変よくわかりました。

何が素晴らしいかと言うと、ピアノを教えるということに対する先生の想いであるとか、レッスンに対する姿勢や心がけが、全て生徒さんや保護者の方の身になってのものなんですね。

こう抽象的に言葉に書くだけだと、よくある当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、実際にご本人の口から生の言葉として聞くと、本当に生徒さんのためを思っているというのが、鮮明に伝わってくるんです。

言葉が本物と言うか、言葉にしっかりと中味を感じると言うか、魅力と説得力があるんです。
やはり本心からそういう想いや信念をもっていると、ブログでアウトプットする言葉にも自然と力が宿ってくるんでしょうね。
参考 問合せに繋がりやすいピアノ教室ブログの書き方

私はもう電話で話を聞いていて「この人は絶対良い先生だな」と確信してしまいました。

これって凄いことだと思いませんか?

福岡の方なので、私はこの先生のレッスンを実際には見ていません。
でも、レッスンを見なくてもいい先生だと思わせてしまうこの力。

これを意図的に教室検討者の心に引き起こすことが、ホームページの役割とも言えますよね。
参考 ブログで教室検討者をファン化する

ピアノ教室を探している人の選定基準は先生の想いや人柄だけではないかもしれませんが、最も重要な要素の一つであることは間違いないかと思います。

人は人に引き寄せられるものです。
ましてやピアノ教室の先生は、大事な成長期のお子さんと長期間にわたって密に接していく大人の一人ですよね。

その先生が自分のお子さんにどんな影響を与える人なのか、ということを重視する親御さんは決して少なくないと私はと思います。

そしてそのお子さんへの影響は、必ずしも出身校や学部が保証するものではないでしょう。

今回の S 先生の教室に実際に生徒さんが集まっていたという事実は、お客様が何に価値を置いているのかということの1つの証左なのではないでしょうか。

そんな、ピアノ教室にとって大切なことのひとつを、再確認させてくださったS先生でした。
これからホームページを制作させていただき、生徒募集をサポートさせていただきますが、S先生の教室はすぐ満員になると思います。
楽しみですね ^ ^

※他には教育学部ご出身の↓こんな素晴らしい先生もいらっしゃいます。
教育学部ご出身、愛情いっぱいI先生! これで生徒が集まらないわけがない

以上、 今回は福岡のピアノ教室の S 先生の事例をご紹介しました。
私は経歴に関係なく、チャレンジする先生を応援します!

[2019.8.6追記]その後7月下旬にS先生のホームページが完成し、ご感想を頂きました!
「まさにコレコレ!! ページを開けてはニヤニヤする毎日です」― 福岡のピアノ教室 S先生の声