教えちゃいます。生徒募集に強いピアノ教室ホームページが裏でこっそりやってること

永井です。

今回は、ホームページの効果測定と軌道修正のやり方についてお教えします

先に言っておきますが、今回のお話はめちゃくちゃ大事です。
ウェブ集客、つまりホームページを使ってピアノの生徒さんもを集めていくにあたり、本当に、もうめっっちゃくちゃ大事なお話です。

私はいつも、ネット集客は農耕型の手法だと言っています(※1)

なぜならホームページは時間とともに変化するもの、育てるものだからです(※2)

このホームページを育てるという作業の実態が、今回の「効果測定と軌道修正」ということなのです。

この作業なくしてネット集客をするのは、目隠しをして射撃をするようなものです(※3)

ウェブ集客にはまず、お客さんがどのようなルートを通って申し込みに至るのかという設計「戦略」が必要(※4)ですが、今回の「効果測定と軌道修正」は、その戦略の遂行にあたり、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのかを計り、修正していく作業にあたります。

この作業によって、検索上位表示対策(SEO)の糸口が見えてきたり(※5)体験レッスンの申込率を上げる突破口が見つかったり(※6)、良いことをたくさん引き起こすことができます。

これだけ大事なことだから、私はいつも、この効果測定のためのメインツールである Googleアナリティクス を使いましょう(※7)と言っているわけです。

そしてこの作業こそが、私が母のピアノ教室を生徒7人から44人まで再建した際(※8) に、ずーっと裏で取り組んでいたことなのです

これをやるのとやらないのとでは、ネット集客に雲泥の差が出ますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね ^ ^

※1. インターネットを使った生徒募集は農耕に似ている

※2. 放置厳禁!ホームページを育てるとはどういう事か

※3. その生徒募集、「目隠し射撃」になっていませんか? / 町田のピアノ教室Y先生の事例

※4. 戦略無きホームページ運用の危険 ~ 埼玉のとある料理教室さんの事例

※5. これだけはやろう!個人ピアノ教室の検索上位表示対策(SEO)

※6. ピアノ教室ホームページの「打率」を上げる方法

※7. 使わなきゃ絶対損!無料のスーパーツール「Googleアナリティクス」

※8. 母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

▼今回のお話はこちら▼

 

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)