読者が親しみを持ちやすい「イイ感じのブログ」を書くコツ

永井です。

今回はピアノ生徒が集まるブログを書くための、ちょっとした技をご紹介します。
と言っても、私がこのブログをいつもこの書き方で書いているので、あまり新鮮味はないかもしれませんが ^ ^ ;

それはさておき、私のこのブログに対して

「読みやすい文章ですね!」
とか
「どんどん引き込まれる文章ですね!」
とか

お褒めの言葉をくださる方がたまにいます。
(「たまに」ではありますが、1人いるという事は10人はいるのだろうと、ここでは前向きに捉えることにします!)

この書き方はピアノ教室のブログを書くときも使えるんですね。

これを意識して書くと、ブログが読みやすくなったり、親近感をもってもらいやすくなったり、良いことが色々とあると思いますよ。

「イイ感じのブログ」を書くコツはいくつかあるのですが、今回はそんなコツのひとつをご紹介しましょう。

※もっとサクサク見たい!という方は、動画プレーヤーの設定メニューで再生速度を1.5倍にすると快適ですよ ^ ^

人気の記事
母のピアノ教室生徒を7人から44人に、2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方
ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例
問合せに繋がりやすいピアノ教室ブログの書き方
これだけはやろう!個人ピアノ教室の検索上位表示対策(SEO)
ピアノ教室ネット集客(生徒募集)のポイント