先生の魅力をきちんと発信すればピアノ生徒はもっともっと集まる! ~ 東京近郊某市のシステム講師 I先生の事例

永井です。

先週末、東京近郊の某市にお住まいの I 先生というシステム講師(ヤマハ音楽教室の先生)の方からLINEメッセージを頂き、先日、無料相談のお電話をいただきました(LINE無料相談はこちら)。

ヤマハの生徒さんも最近はすっかり減ってしまい、ご自宅での生徒さんも3人になってしまったと言うお悩みなのですが、よくよくお話を伺ったら「これで生徒が集まらないわけがない」というぐらい素晴らしい先生だったので、今回はこの I 先生をご紹介しますね。

これだけ良い先生なのに、情報発信のやり方が分からないために生徒を集めることができず、世の中で埋もれてしまっているというのは、本当にもったいないことだと思います。
私の使命感にもスイッチが入った出来事でした。

子供への愛情であふれている

このI先生、何が素晴らしいって、心の底から子供が大好きで、子供への愛情が溢れ出てるんですね。
ちょっと電話で喋っただけでもよく分かりました。

子供の成長に関われることが嬉しい
真っ白なものが育っていく姿を見るのが好き
発想の純粋さに心を打たれる
やんちゃな子も大変だけど可愛い
ピアノを楽しむことが色んなところで人間形成になっている……

教育者が天職と言えるような、本当に素晴らしい先生です。
それもそのはず、元々は学校の先生になりたくて大学も教育学部に行かれたのだそうです。

元々子供が大好きで、教育が原点にある先生というのはこうも魅力的なものなのかと、感動しちゃいましたよ。
こういう先生に巡り会えたお子さんや親御さんは本当に幸せですね。

「私は音大を出てないから……」

しかし、教育学部だったということがまた、I先生のコンプレックスにもなっているようでした。

「私は音大を出てないから、演奏技術に自信がないんです……」

そういうネガティブな側面も自分にはあることを、お話ししてくださったのです。

そんなこと、全っ然いいんじゃないでしょうか?
親御さんや生徒さんはそんなこと、全然気にしてないと思いますよ。

私には、I先生が教育学部だったことは強みにしか見えません。

こんな素晴らしい魅力を弱みだと思ってしまうだなんて、もったいなすぎますよ。
自己評価が白黒ひっくり返っているように見えます。

たとえ演奏技術が他の先生よりほんのちょっと劣っていたとしても(←それも真実かどうかなんて分かりませんが)、I 先生の子供への愛情という魅力はそれを補って余りあるものでしょう。

以前のブログにも書きましたが(※)、ピアノ講師の出身校なんて本当に関係ないと思います。
ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例

I先生はもっともっと自信を持てばいいのにと思いました。
あなたは本当に素晴らしい人ですよ ^ ^

生徒集め、全然いけます

こういう人間力。
人としての魅力。
これは強いと思いますよ。
真似できませんからね。

I先生はネットで生徒が集められるかどうか心配されていましたが、全然いけると私は確信しました。

この先生だったら、仮にシステム講師を辞めたとしても、しっかりブログを書きさえすれば、生徒30人くらいは2年もかからず集まるのではないかと思います。
2年で40人も十分狙えるでしょう(ご本人が望むかどうかはまた別ですが)。

それぐらいの市場価値がこの先生にはあると、私は見ました。

ご自身の評価を非常に小さく見てしまっているのは、とてももったいないことです。

楽器店がヤマハ音楽教室の生徒を昔のように入れてくれないのは、先生の価値とは全く別の話です(楽器店も楽器店で大変なのは私もよく知っていますが ^ ^ ; )。

I先生は無料電話相談の後ご主人と相談され、翌朝、私にホームページの作成と生徒募集サポートのご依頼の LINE をくださいました。

これから私はこの先生に生徒さんをたくさん集めてあげたいし、何より、こういう素晴らしい教育者を求めている地域のママや子供たちに、この先生を引き合わせてあげたいですね。

あー、こんな形で見知らぬ子供達の人生に貢献する仕事があるのかと、不思議な感慨に打たれている私です。

以上、今回は東京近郊の某市にお住まいのシステム講師 I先生をご紹介しました。

 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)