ピアノ教室の生徒募集、ウェブ集客の観点からみた「コンクール」について ~ 島根のピアノ教室 U先生のご相談

永井です。

今月の上旬頃、島根県のピアノ教室のU先生という方から LINE メッセージを頂き、先週、無料でLINE電話相談を伺いました(LINE無料相談はこちら)。

どうして私のことをお知りになったかと言うと、ピティナのサイトで大内孝夫先生(『音大卒は武器になる』『音楽教室の経営塾①②』 『そうだ!音楽教室に行こう』著者)の講座ページをご覧になっていたら、以前私が大内先生のピティナ講座にゲストでお呼びいただいた時の記述に目が止まり、私のホームページに来てくださったということでした。

どこでどうつながるか、分からないものですね。
大内先生いつもありがとうございます ^ ^

コンクールに出たいピアノ生徒は全体の何割くらい?

さて今回ご相談をいただいたU先生。

ここ数年はだいぶ生徒さんが減ってきてしまったものの、昔は自分も若かったし、ピティナのコンクールやコンペに出場する生徒さんもたくさんいて、とても充実していたというお話を聞かせてくださいました。

でも最近はコンクールに出場する生徒さんも減ってきたのだそうです。

コンクールに出場する生徒さんというのは、先生の側からしても、とても教えがいがあるでしょうね ^ ^

熱心に練習するでしょうし、上達もするでしょうし、先生側の満足度・充実度も高かったのだろうと思います。
講師側から見たらそんなコンクールかと思います。

では、お客様はコンクールというものをどう見ているのでしょうか?

あまり昔の話は分かりませんが、私がこの10年弱、東京の大手楽器店教室で見てきたピアノの生徒様、私がこの仕事でご縁のある先生から伺うお話、トータルで全体を眺めてみると、コンクールに出場しようというピアノ生徒さんは全体の1割にも満たないのかな?という感覚です。

ちゃんと調査したわけではないですが、「ピアノ教室に通う」「ピアノを習う・習わせる」ということへの価値を「コンクール」というものにおいているお客様は、たぶん全体の1割もいないのではないかな、というのが私の個人的な肌感覚です(もしかしたら数%程度かもわかりません)。
どうでしょうか?

お客様の価値観、ニーズは色々で良い

お客様(生徒さん)にとってコンクールは出るも良し、出ないも良しだと思います。
先生はコンクールを勧めるも良し、勧めないも良しでしょう。

私もいつもこのブログに書いていますが、生徒さんの価値感は色々、先生の価値観も色々、やりたい者同士、やらない者同士が出会えるお手伝いを私はしています。

そして今回なぜこのお話をするかと言うと、「コンクール出場率」というものを、ピアノ教室という市場の中での「需要のボリューム」として頭の中に置いておくことは、生徒募集の観点からは大切なのではないかと思うからです。

要するに、ピアノ教室としてコンクールを売りに情報発信(生徒募集)する場合、その価値がヒットする割合はピアノを習いたい人、習わせたい人全体の、数%~1割程度かもしれない、ということです。

こんなことを書くとピティナさんに怒られちゃうかもしれませんが ^^; 、私の体感としては、ピアノ教室市場全体の中ではコンクールという需要は「ニッチ」の部類に入ります(ピラミッドの先っちょ)。

これをやりましょうとか、やめましょうとか言う話ではありません。
私が言いたいのは、これを分かった上で、自分の責任で、やるやらないを決めると良いでしょう、 ということです。

ニッチ戦略というものもあります。
コンクールに自信がある先生なら売りにするのも良いでしょう。
コンクールを謳うことで、ある意味ブランディングにもなるでしょう。
それによりお客様からの見え方が変わり、集まってくる人の数も種類(「質」とは言いません)も変わるでしょう。

最終的には、先生としてどうありたいか、教室としてどうありたいかと、募集戦略との兼ね合いの話ということになってくるかと思います。

今回ご相談いただいた島根のU先生にも、こんなようなお話をしました。
他にも色々お話させて頂き、だいぶご参考になったようで「自分が本当に何をしたいのか、少し考えてみます」とのことでした。

そしてU先生はなんと、10/31の「理想の生徒が継続的に集まる仕組み作り」入門セミナー(無料)、11/1のピアノ生徒が集まるホームページ活用法セミナー(無料)にお越しくださることになりました ^ ^
はるばる島根から泊まりでお越し頂けるなんて、誠に光栄です!
当日、会場でお会いできるのを楽しみにしています ^ ^

両セミナーともまだお席がありますので、気になる方はぜひお越しくださいね。
セミナー一覧とお申込はこちら

以上、今回はピアノ教室におけるコンクールというものについて、生徒募集の観点から私の考えを述べてみました。
何かのご参考になれば幸いです ^ ^

 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、30分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)