想いを言葉にして発信することで、今いる生徒さんとの絆も深まる ~ システム講師 I先生の生徒さまの声

永井です。

昨日のブログ(※)で、自宅ピアノ教室ホームページの完成をご紹介させていただいた、東京近郊のシステム講師 I先生。
「いつも思っていたものが、こんな風に形になって、感動です!! 」東京近郊のシステム講師 I先生の自宅ピアノ教室ホームページが完成!

出来上がったホームページを、写真を使わせてもらった生徒さんとそのご父兄に見てもらったら、嬉しいご感想を頂いたとご連絡いただいたのでご紹介しますね ^ ^

私が9月のブログ記事でも本当に素晴らしい先生だとご紹介したI先生です。
教育学部ご出身の愛情いっぱいI先生! これで生徒が集まらないわけがない

この先生の想いが詰まったホームページを生徒さんの親御さんがご覧になって、一体どんなご感想を下さったのでしょうか?

私にとっては「お客様のお客様の声」ですね ^ ^

生徒さんに、ホームページが公開されたことを報告しましたら、見てくださって、メールをくださいました。 昨日、○○と一緒に、ホームページを拝見させていただきました^_^ ○○は、「 先生より大きすぎない?!」なんて、自分の写真を喜んでました。文章を読ませて頂いて、あらためて先生に出会えたことをうれしく思いました。 今、通ってくださっている数少ない生徒さんにも想いが伝わって、良かったです。

>文章を読ませて頂いて、あらためて先生に出会えた事をうれしく思いました。

↑ほらね。
やっぱり親御さんのほうも、こういう先生に出合えたことを喜んでくださっているんですよ。
子供を預けるほうも素晴らしい先生だと認めているわけですね。

また、このご感想が

>自分の写真を喜んでました
と、お子さんが喜んでいたこと

そして

>文章を読ませて頂いて
と、文章の内容

ここに焦点が当たっていることも注目に値します。
ホームページのデザインのことには一切触れられていないんですよ。

お客様の関心、価値感がどのあたりにあるのかを示している好例と言えると思います。

これが、私が提唱している「ピアノ教室のホームページにおいてデザイン性は集客力の第一要因ではない」ということなんです。
詳細:ネットでピアノ生徒を集めるのに “高額な” ホームページは必要なのか

だから私は、デザイン性を抑えた「シンプルプラン」による低価格なホームページでも十分に生徒は集まりますよ、ということを言っているんですね(今回のI先生もシンプルプランによる制作です)。
シンプルプランの詳細はこちら

話が少しそれましたが、先生のほうも

>今、通ってくださっている数少ない生徒さんにも想いが伝わって、良かったです。

と、おっしゃっています。
本当にそうですよね ^ ^

今までも良い関係だったのだとは思いますけれども、想いを言葉にして、改めてホームページで発信したことで、この生徒さんとご父兄と先生との絆が、より深まったのだと思います。

今はご自宅の教室の生徒さんは3人しかいないI先生です。

でも、私はこの先生が素晴らしい先生だと思いました。
ご父兄の一人もこうして出会えてよかったとまで仰っています。

ということはですよ、他にもこの先生を良しとする人はたくさんいるかもしれないということです。

ホームページやブログでその教室の先生の価値を発信するというのは、そういうことなんですね。

たとえ今は3人しか生徒さんがいなくても、他の求めている人たちが知らないだけで、知ってもらえさえすれば素晴らしいと言って来てくれるかもしれないわけです。
良いものは良いんですから、今の人数がどうかなんて関係ないですよ。

そしてたぶん実際に、これから生徒さんは集まるでしょう。

I先生は、まずはホームページという形にするところまで来ました。
これは第一の段階です。

これからブログを書いて、先生の魅力をもっともっとホームページに満たしていき、地域でピアノ教室を探している人たちに見つけてもらい、体験レッスンにバンバン来てもらうという段階に入っていきます。

本格的に動きが出始めるのは年明けからでしょうけれども、楽しみですね ^ ^

以上、今回は、自宅ピアノ教室のホームページを公開したI先生の、生徒さんの保護者さまの声をご紹介しました。

 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)