「見出し」を付けるとブログの質がグッと上がる!

永井です。

教室ブログを書く時、本文中に「見出し」を付けていますか?

町のピアノ教室やヴァイオリン教室で、生徒募集の為に書いているブログは沢山あります。
でも、記事内に見出しを付けているブログはまだまだ少ないのではないでしょうか?

今回ご紹介する「見出し」をちゃんと使うと、ブログのレベルをグッと上げる事ができます!

多くの場合、やるだけでライバルに差を付ける事にもなるので、ぜひ実際に取り入れてみて下さいね!

次のページも人気です
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(記事一覧)
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(記事一覧)
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

そもそも「見出し」って何?

まず「見出し」自体について簡単に説明したいと思います。

本でも雑誌でも、必ず目次が付いていますよね。
中身の文章も、内容のまとまりごとに、この目次に出てくる言葉によって区切られています。

この、内容ごとにまとめて区切るものが「見出し」です。

このブログで言うと、左に細い青線がある大きい文字が見出しです。

このブログの見出し

↑コレ

「見出し」の階層を使い分ける

見出しが続いて見た目が変ですが続けます(笑)

見出しには
・大見出し
・中見出し
・小見出し
と、レベルがあります。

例えば
「当店のメニュー」
というページを作るとします。

この場合「当店のメニュー」がページタイトルであり、大見出しです。

その下を、次のような具合に中見出しと小見出しで区切っていきます。

大見出し:当店のメニュー

 中見出し1:ドリンク
  小見出し1:コーヒー
  小見出し2:紅茶
  小見出し3:ミルク

 中見出し2:フード
  小見出し1:パスタ
  小見出し2:サンドイッチ
  小見出し3:チャーハン

 中見出し3:セットメニュー
  小見出し1:日替わりランチ
  小見出し2:お子様ランチ
  小見出し3:レディースセット

↑フォルダを整理する時のように、情報のまとまりごとに親子関係ができているのが分かりますか?

大見出しは親
中見出しは子
小見出しは孫

親の下には子だけ、子の下には孫だけ、兄弟は何人でもOK。

これが見出しの階層のルールです。
本の章立てと同じですね。

「見出し」の表記方法

見出しは英語で headline なので、「h」で略されます。

大見出し(記事タイトル)は「h1」
中見出しは「h2」
小見出しは「h3」

といった具合です(h4, h5 と続きます)。

※ちなみに↑の “「見出し」の表記方法” の部分は「h2」です。

①WordPressやJimdoの場合

WordPressやJimdoでできているサイトの場合は、投稿画面の上部メニューで見出しを指定できます。

見出しのデザインをちゃんと設定している場合は、これを使いましょう。

※ちなみに↑の “①WordPressやJimdoの場合” 部分は「h3」です。

②アメブロ等の無料ブログの場合

アメブロ等の無料ブログをお使いの方や、WordPressでも見出しのデザイン設定をされてないサイトの場合は、記号で代用しましょう。

【見出し】
■見出し
◆見出し
●見出し
~見出し~

など、いろいろできると思います。

どれをどのレベルに使っても良いですが、どの記事も同じルールで使うようにしましょう。

文字サイズや太さ、色など、あまり大変でない範囲で、その都度装飾できると、より良いと思います。

内容が整理された読みやすい記事を

以上、今回は「見出し」を使ってみる事をご紹介しました。

見出しで整然と区切られた記事は、やはり訪問者にも読みやすいです。

逆に文字だけがひたすら続く記事は、もう一目見ただけで嫌になってしまう訪問者もいる事でしょう。

ぜひブログに「見出し」を付けて、ユーザーファーストなブログを作ってくださいね!

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)

 
▼良かったら「いいね!」お願いします!!