ご相談事例:声楽教室~近所が競合だらけ?ブルーオーシャンですよ

永井です。

昨日、とある声楽家の方から生徒募集についてのご相談を頂きました。

ご自分の教室の近隣に、お歌やリトミックのライバル教室がけっこうあるらしく、募集に苦戦しているというお悩みです。

次のページも人気です
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(記事一覧)
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(記事一覧)
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

ライバル?どこにいるんですか?ブルーオーシャンですよ

ほぉ~それは大変ですね。

どれどれ、検索してみましょう。

「○○市 声楽教室」っと、あれ?

「○○市 合唱 習う」っと、あれ?

ライバルって、どこですか?
いないんですけど(笑)

私はその街のお歌の教室について、何も知りません。
評判とか噂もまったく知りません。

そんな私がお歌の先生を探そうとしたら、検索ぐらいしか手段はないですよね。

お客さんが自分から探してるのに見つけられないって、それ本当にライバルなんですか?

少なくともウェブ上はブルーオーシャン(血=戦いが無い市場)ですよ。

同じ土俵(口コミ)で戦わなければ一人勝ちできる

お話を聞いてみると、その先生も周りの教室も、みんな口コミで生徒さんが来ているのだそうです

どうやらその界隈では、熾烈な口コミ合戦が繰り広げているようですね(笑)

さて、口コミの射程範囲って、人口の何パーセントなんでしょうね?

口コミが届く人の数って、たかが知れてるのではないでしょうか。

ウェブ上に情報が無い以上、口コミや評判を知らない大半の人は、教室を知りようがないですよね。

この人達、どこへ行くのでしょう。
この人達が自分のサイトだけに流れたら、オイシイと思いませんか?

それとも他の教室と一緒に、口コミという血で血を洗う土俵(レッドオーシャン)で、わざわざ戦いますか?

私だったら嫌ですよ(笑)

マネできないWeb戦略を

もしも、あなたの教室のターゲットエリアに競合のサイトが無ければ「作った者勝ち」なのは明らかですよね。

もしサイトがあったとしても、きちんと検索上位に表示させる対策(SEO)がされてなかったり、何が魅力なのかも分からないサイトであれば、これも簡単に勝てます。

では、それで一旦は成功したとしましょう。

次に何が起こるでしょうか?

そうです。

周りの教室がマネし始めるんです(笑)
火を見るよりも明らかですよね。

その時のために、ちょっとやそっとではマネできない、追いつこうにもそうそう追いつけない、筋肉質なサイトにしておく必要があります。

何となく、見た目だけそれっぽくマネることはできます。

でも服の上からは分からなくても、中身がムキムキのアスリートと、メタボの素人とでは、そのパフォーマンスには歴然とした差が表れます。

ウェブマーケティングにも、これと全く同じ事が言えるんですね。

例えば

  • サイトの構造や設定
  • 検索エンジンの知識
  • コンテンツ戦略
  • SNSの活用戦略
  • 顧客の心理

といった専門的な知識と経験を持って、意図して構築された仕組みは、同等以上の専門家が付かない限り、それを見抜いてマネする事はできません。

今から、先を見越した経営戦略を

さらには、万が一強力なサイトが表れたとしても、商品そのもので負けない経営戦略を立てておくべきです。

というか、商売としては本来こちらが王道です。
Webマーケティングはそれに拍車をかける手段、というのがそもそもの姿です。

あなたの教室だけの独自の価値や個性を確立しておけば、それに共鳴するお客様は必ず集まるでしょう。

ぜひ、しっかりとした経営戦略とWeb戦略を持って、あなたの教室を大繁盛させて下さい!

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)