これだけはやろう!個人ピアノ教室の検索上位表示対策(SEO)

永井です。

今回はSEO対策、つまりホームページやブログをネット検索で上位表示させる対策について、少しテクニカルなお話をしてみます。

町の個人ピアノ教室などの音楽教室も、やはりネット検索で探す方は多いですから、ここは大事です!

SEO対策は、突き詰めていくとかなり話が広がってしまいますので、今回は「最低限ここだけはおさえよう!」というポイントに絞って、ご紹介したいと思います。

※検索対策(SEO)の詳しいやり方はウェブ集客セミナーでお教えしています。
【無料】個人音楽教室のための検索対策(SEO)セミナー(初級編) ~ホームページを上位表示させる方法~

どんなキーワードを狙うか

ホームページ設定をいじる前に、そもそもどんな検索キーワードを狙うかを考えましょう。

基本的には、「地域名」「楽器名」「教室」「レッスン」あたりで検索された時に、上の方に出てくると良いですよね。

例えば
「調布市 フルート教室」
「吉祥寺 クラリネットレッスン」
等の検索を狙うわけです。

地名は、駅名を選ぶか市区町村名を選ぶかは、立地に応じて判断しましょう。

注意したいのは、範囲を欲張り過ぎない事です。
例えば「世田谷区 ピアノ教室」を狙うとしても、世田谷区って結構広いんですよね。

管楽器など、生徒さんがある程度自分で移動して通える教室はまだしも、ピアノやヴァイオリン、リトミック等、ある程度近場で探される教室は、あまり広範囲で検索順位をとっても結局通えません。

郊外のベッドタウンであれば、半径3km、車で20分以内等、範囲を絞る事も大事です。

一番強力なのはトップページ

次に、具体的にどうするかのお話に入ります。

ピアノ教室・音楽教室のホームページの場合、最も検索に上げやすいのは、基本的にはトップページです(ブログの場合はブログのトップ)。

なので、前項で決めたキーワードの対策で、最も重要なのはトップページの設定なんですね。

※個別のブログ記事や下層ページを検索に上げる事もありますが、これはまた別の意図を持つ場合が多いです。
参考記事:教室ブログは「成約用」と「集客用」を分けて書く

それでは具体的に見ていきましょう。

最重要項目はサイトタイトル

何かを検索すると、検索結果に青字リンクのタイトルが出てきますよね。

これは検索ユーザーに、そのホームページの内容を端的に伝える部分なので、キーワード的にも検索エンジンが最も重視する箇所です。

なので、トップページ、つまりサイト全体のタイトルに、しっかりと狙うキーワードを入れる事が一番大切です。

特にサイトタイトルの効果は一番強力です。
なので逆に、キーワード的に重要でない言葉はもったいないので、タイトルでなく説明文に回しましょう。

説明文は、人が読んで魅力的に思う文章にしましょう。
※2019年4月現在では説明文のキーワードは重視されていませんので、不自然なキーワードの詰め込みをしても意味がありません。

ちなみにサイトタイトルは32~34文字以内、説明文は120~130文字以内ぐらいを目安に収めると良いでしょう。

サイトタイトルと説明文をどこで入力するかは、ツールによって異なりますので、お使いのツールで調べてみてください。
大抵は管理画面のどこかにあるハズです。

トップページの本文にもキーワードを入れる

個別のブログ記事でもそうですが、タイトル&説明文とページ内容がズレているのはよろしくないです。

タイトルに興味を持ってクリックしたのに、内容が全然違かったらがっかりしますよね?

検索エンジンに対しても、ちゃんとタイトル&説明文と内容が一致している事を示す意味でも、トップページの本文にもキーワードを入れると良いです。

  • 教室案内文に入れる
  • アクセス情報に入れる
  • 通われている生徒さんの情報に入れる

など、何かしら関連する情報はあるかと思います。

ちなみに画像の文字は、今のところ検索対象では無いので、テキスト(ドラッグで選択できるやつ)で入れてくださいね。

ブログは水面下の浮力

トップページという氷山の頂上を浮上させるための水面下の浮力。
それがブログです。

サイト内に含まれるブログ記事へのアクセスが、SEOの大きな力となります。
検索上位表示対策を意識したブログの書き方については、別の記事がありますのでご覧ください。

ピアノ教室ブログは「成約用」と「集客用」を分けて書く

アクセスを集める為のピアノ教室ブログの書き方

たまに検索順位をチェックする

こうして、設定ができたら、最低でも月に1回ぐらいは実際に検索して、順位を確認するようにしましょう。

検索順位は他サイトとの相対評価なので、けっこう頻繁に変動しますからね。
参考記事:自サイトの順位変動、ちゃんと把握していますか?

安泰だと思って油断していると↓こんな事にもなりかねませんよ ^ ^ ;
教室が満員になったのでブログの更新頻度を下げたら検索順位も下がった件

効果が出なかったら何か考えなければならなりませんが、ジリジリと順位が上がっていくのを眺めるのは楽しいものですよ!

以上、今回は個人音楽教室のSEO対策について、一番肝心な、最低限やっておきたいポイントについてご紹介しました。

SEOはちゃんとやろうとしたら、教室ごとに全て違います。
そして、SEOの本質はもっともっと深いところにあります。

個人音楽教室のSEO対策について詳しく学びたい方にはウェブ集客セミナーでお教えしています。
【無料】個人音楽教室のための検索対策(SEO)セミナー(初級編) ~ホームページを上位表示させる方法~

 

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)

次の記事もオススメです。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方
私がピアノ教室の生徒募集にアメブロを薦めない理由
インターネットを使った生徒募集は農耕に似ている