自サイトの順位変動、ちゃんと把握していますか?

永井です。

教室経営者の方で、ご自分の教室サイトをお持ちの方も多いと思います。

あなたは普段、自分のサイトの検索順位を、ちゃんとチェックしてますか?

検索エンジンを提供しているGoogleは、毎日、検索順位を決める計算式(アルゴリズム)を更新しています。

今年2017年も、3月にフレッドアップデート、4月にアウルアップデートと呼ばれる、アルゴリズムの大きなアップデートが実施されました。

そして5月にも、無名ながらも大きなアップデートが行われています。

実際ここ数ヶ月、私が運用しているサイト周りの検索結果を見ても、結構な順位変動が起こってます。

次のページも人気です
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(記事一覧)
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(記事一覧)
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

2年前、1位に君臨していたサイトの今

少し気の毒な(しかし真摯に受け止めるべきではありますが)例なので、具体的には書けないのですが、2年くらい前に、ある検索キーワードで1位に君臨されていた教室サイトさんがありました。

私のサイト立ち上げ当初は、そのサイトさんが目標で「なかなか大変だな」と思っていました。
確かそのサイトさんの上に出すのに、半年近くかかったと記憶しています。

私のサイトはその後1年くらい、1位を維持していました。
(その後キーワード戦略を変更し、現在に至るまであえて2位に甘んじています)

では2年前まで1位だったそのサイトさんはどうだったでしょうか?

私のサイトと入れ替わってから1年くらいは、4位~6位あたりに踏み留まっていました。

しかしここ数ヶ月くらいの間に、6位~8位あたりにジリジリと下がってきたのです。

空いた席に入ってきたのは、ここ半年~1年以内にできた若いサイトです。

そして先日、ついに1ページ目から見えなくなってしまったのです。

16位にいました。
2ページ目の真ん中あたりです。

これがこの2年と、直近数ヶ月の間に起こった現実です。

魔法の杖はもうない

この1年半以上、1位~2位をキープしている私には、このサイトさんがなぜ下がっていったのかは、手に取るように分かります。

Googleのアルゴリズムは本当にしょっちゅう変更されています。

私の体感だと、特にこの1~2ヶ月は、半分くらいのサイトは安定しています。
しかし残りの半分くらいは、結構シャッフルされています。

数位~10位くらいの幅では、しょっちゅう入れ替わってますね。

先ほどは下がった例をお話しましたが、当然上がっているサイトもあるわけです。

やっぱり右肩上がりの組に入りたいですよね?

どうしたら検索順位を上げ、上げた順位を維持できるのでしょうか?

そのために、まず最初にお伝えしたい大切な事実があります。

それは

魔法の杖は無い

という事です。

数年前まではありました。
でも今はもうありません。

サイトのアナリティクスを常に怠らないこと

ではどうしたら良いのかと言うと、

数字と真摯に向き合い続けること

です。

数字とは、検索順位、グーグルアナリティクスの数字、そして問合せの数字です。

※グーグルアナリティクスとはGoogleが無料提供しているサイト解析ツールです。

これらは相関しています。

自分の思い込みや願望、言い訳を捨てて、日々、数字と正面から向き合う事です。

これはWebマーケティングの神髄の1つと言っても過言ではありません。

数字から何を読み取り、改善に活かすか

もう、結局こうなるんです。

かなり高度な事ではあります。

数字から何を読み取り、改善に活かすか

です。

「そんな事分かんないよ!第一そんなに暇じゃないっつーの!!」

そんなふうに思う方もいるかも知れませんね。

実際、知識と経験と、そして「勘」がものを言う作業です。

詳しく書き始めると長くなってしまうので、今日はここまでにしますが、この辺のテクニックも今後少しずつこのブログでご紹介していきたいと思います。

どうぞ今後とも、継続的にチェックして頂けると幸いです。

 

検索対策が自力でやるのは難しいという方には、私がチェックとアドバイスもしています。

どうしようか決めかねている方も、まずは事情をご相談下さい。
私のWebセミナーにご参加されるのもオススメですよ!

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)

▼良かったら「いいね!」お願いします!!