NAGAI生徒募集サポーティングでは「理想の生徒が継続的に集まる仕組み作り」をサポートするホームページ制作と、頼もしいアフターサポートサービスをご提供しています。

他と何が違う? 永井のホームページ制作と集客サポートの特徴

永井と他のホームページ制作会社との違いは、一言で言うと総合力です。

つまり、この音楽教室業界での勤務経験を含め、インターネットを使ってピアノ生徒を集めるために必要なこと全般をカバーしている永井が寄り添うから、ネットに不慣れな先生も安心してお任せ頂けるのです。

[Point 1] 習う側の価値観が分かります!

ピアノ教室を探す人の気持ちが分からなければ、ピアノ生徒が集まるホームページを作ることはできません。

永井はヤマハ特約店での5年間の音楽教室運営を通じて、数千人の生徒様や保護者様と会話を重ねてきました。

ピアノや音楽を習いたい人が、何を気にし何を大切にしているのか、その気持ちが分かるから、生徒が集まるホームページを作ることができます。

[Point 2] 教える側の価値観が分かります!

音楽の話やレッスンの苦労、教室運営の悩みが全然分からない業者さんに、ホームページ制作をお願いしたいですか?

永井は自身も音大を卒業し、楽器を教わり、教え、音楽を学んできました。
楽器店教室のスタッフ時代に講師の皆さんと重ねた裏話は数知れません。

この音楽教室という業界の表も裏も知っている、教える側の事情や気持ちが分かるから、先生に寄り添ったアドバイス、サポートができます。

新規開業など教室運営経験の少ない先生には、レッスン料の設定や発表会、教室方針など、運営面のご相談ができる点も喜んでいただいています。

[Point 3] 音楽教室業界に特化したネット集客力!

世の中には、せっかく作ったのにお問合せが全然来ないホームページが山ほどあります。

永井には、ヤマハ特約店時代に東京23区の全センター(教室)のホームページ担当としてウェブ集客をした経験と、遠方の実母のピアノ教室を2年弱で生徒7人から44人まで、ホームページ1つで遠隔で再建した実績(※)があります。
※詳細 母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

この業界での実践経験に裏打ちされた、インターネットを使って集客をする確かな専門技術を持っているから、あなたが理想とする生徒を集める、あなたの教室に合わせたネット集客ができるのです。

※そもそも永井ってどんな人?という方は
代表 永井玄太について

[Point 4] HP公開後も頼もしい!安心のアフターサポートサービス!

ネットの事が右も左も分からないのにホームページだけ手に入れても、そもそもネット集客のやり方が分からなければ、どうしようもないですよね。

ホームページ集客はサイトを公開してからが試合開始。
ブログの書き方や検索対策など、ネット集客の具体的なやり方も、永井が寄り添う頼もしいアフターサポートがあるからご安心ください(コミコミ定額プランをご利用の場合)。

月に1度の電話面談ではネット集客はもちろん、教室運営のお悩みも含め、分からないことは何でもご相談いただけます(メールやLINEは随時OK)。

「何をどうすればいいのか分からない……」
という不安や悩みから解放され、やる事が明確になるから、先生はレッスンにも安心して集中することができます。

レッスン料の記載を修正したい、発表会のページを更新したい等、面倒なサイト更新を定額料金内でご依頼いただける点もご好評いただいております。

お客様の声はこちら

料金のご案内

ホームページ制作費と管理費

ホームページ制作費 通常プラン:198,000円(+税) ~

シンプルプラン:
48,000円(+税)

ゴージャスプラン:448,000円(+税) ~

サイト管理費 9,000円(+税)/月

シンプルプランについて

シンプルプランでは、機能性はそのままに、装飾を削ぎ落としたシンプルなホームページを作成します(ちょうどこのホームページのような感じ)。見た目の華美さにあまりこだわらない方にはオススメです。見た目は多少シンプルですが、生徒を増やすことは十分可能です。最も肝心なことはデザイン性ではなく、中身の情報(コンテンツ)だからです。
ホームページは小さく始めて大きく育てるのが安全で手堅く、オススメです。

▼永井のシンプルプランと他社との違い▼

※デザイン性(制作費)と集客力の関係については次の記事で詳しく解説しています。
ネットでピアノ生徒を集めるのに “高額な” ホームページは必要なのか

※全てのホームページで独自ドメイン(各教室独自のURL)を使用します。

アフターサポート料金

お得なコミコミ定額プラン

ホームページの公開後、問合せが安定するまで(※)は「コミコミ定額プラン」をオススメします。
※半年~1年程度目安。理想は「春募集を2回」。

これは永井が母のピアノ教室を再建した際に行っていた事(※) をそのままサービスとしてご提供するものです。
※詳細 母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

「コミコミ定額プラン」では、以下の総合サポートサービスが毎月定額で受けられます。

  • 総合アドバイス面談(月1回60分 電話にて)
  • 検索対策(SEO)アドバイス
  • ブログ添削(月3本まで)
  • ページ更新(文章や写真の追加修正)
  • ブログ写真の明るさ補正や顔ぼかし加工等
  • 分からない事はいつでもメールやLINEで相談できる

※サービス内容の詳細については
生徒募集を二人三脚でお手伝い! ホームページ制作と集客サポート

コミコミ定額プラン 18,000円(+税)/月(管理費込)

※検索順位や問合せが軌道に乗ったら、サイト使用のみ(管理費9,000円/月)に「卒業」されると良いでしょう。

単発で受ける場合

ブログ添削 3,000円(+税)/1本
総合アドバイス(面談) 5,000円(+税)(60分)
検索対策(SEO)アドバイス 8,000円(+税)/1回

ホームページ健康診断

既にホームページをお持ちで、現状に不安のある方へ。
今のホームページに何か問題は無いか、健康診断を致します。
事前にURLをお教えいただいた後、60分間のお電話でのアドバイスとなります。

ホームページ健康診断 28,000円(+税)/60分

ホームページ健康診断の詳細はこちら

生徒募集にも投資の観点を ~低リスクで黒字運用が見込める料金設定~

私は楽器店などのピアノ講師になるよりは、自宅でピアノ教室を開くことをオススメしています。
なぜなら、自宅教室ならレッスン料が100%先生に入る、つまり、自宅教室の生徒1人は楽器店の生徒2人~5人分に相当する(※)からです。

※詳細 雇われピアノ講師 vs 自宅ピアノ講師 ~ あなたのレッスン料の取り分は何%?

そして私は、 お客様のホームページを「しっかりと収益の上がる集客マシンに育て上げる事」に確固としたこだわりを持っています(※)。
さらに、低リスクで黒字運用が見込める料金設定にしてあります。

※詳細 私の使命は、先生方の音楽教室が理想の生徒さんで溢れ、経済的にも精神的にも安心・満足・充実のある日々を手にするまでサポートしきること

確かに当方へのご依頼には、制作費やサポート料、管理費が目先の経費としてはかかります。

ここで問題です。

A. 払った費用の何倍もの収益が入る可能性
B. 1円も使わず収益もそう変わらない可能性

あなたならどちらを選びますか?
あなたは今、旨い儲け話をされようとしていると思いましたか?(笑)

騙されまいと思いながらで結構です。
もう3分だけお付き合いください。

生徒募集を、無料のブログやSNSで、とにかくお金をかけず、自力でやろうと思っている方へ。
ぜひ1度、冷静に電卓を叩いてみる事をオススメしたいのです。

当サービスを受けた場合の赤字と黒字の境界

もし当方のサービスを、次の通り2年間ご利用された時点での費用は

ホームページ制作 48,000円(+税)
コミコミ定額プラン利用 18,000円(+税) x 6ヶ月
サイト利用のみ(管理費) 9,000円(+税) x 18カ月
合計 349,800円(消費税10%込)

となります。

一方、あなたのピアノ教室の月謝を仮に8,000円としましょう。
上記内容でホームページを公開し、2ヶ月で2人の生徒が新入会したとします。
そして仮に、1000歩譲って、それから生徒がパッタリ増えず、その2人がその後22カ月(HP公開の2年後まで)続けたとします。

この時、ホームページ公開後2年間でのホームページ経由の収益は

8,000円 x 2人 x 22カ月
合計 352,000円

となります。

349,800円払って
352,000円の収益。
ギリギリ黒字ですね。

生徒2人の2年弱分。
これが当サービスの赤字と黒字の境界です(損益分岐点)。

もちろん簡易的な仮の計算ではあります。
そして生徒はいずれやめます。

穴がポツポツ開いたバケツに水を溜めるのが教室事業です。
企業努力として、退会を減らす事と、入会を増やす事の両方が必要です。

現実の計算はもっと複雑になると思います。
ですがシンプルに計算すると、だいたい、生徒2人の2年分くらいが目安だと思ってください。
これが最低ラインです。

毎年3人増えるだけで累計がどれだけ開くか

そしてここから先は、全て黒字です。
あまり露骨に金額を書くと、バブリーな怪しい話のように見えてくるので少し書きづらいのですが……。

少しだけ書きますね。
便宜上ここでは退会を計算に入れない分、入会数をだいぶ少なめに、そして単純計算で見積もります(あくまでざっくり見てください)。

仮に、
月謝 8,000円で
毎年3人づつ増えた場合

【1年目】
収益:8,000円 x 3人 x 10カ月 = 240,000円
経費累計(ここまでに払ったお金の合計):-231,000円(税込) ※前述式より
累計差額:+9,000円

【2年目】
収益:8,000円 x 6人 x 12カ月 = 576,000円
収益累計(1年目+2年目): 816,000円
経費累計:-349,800円(税込) ※前述式より
累計差額:+466,200円

【3年目】
収益:8,000円 x 9人 x 12カ月 = 864,000円
収益累計:1,680,000円
経費累計: -468,600円(税込) ※2年目までの349,800円(税込) + 3年目の管理費9,000円(+税)x12カ月
累計差額:+1,211,400円

となります。
単純計算だと、3年後の時点で使った経費の4倍近い収益を得ていることになります。

地域や楽器、そしてあなたの教室のレッスン料と残り空枠にもよりますが、上の計算は決してバブリーな話ではありません。
退会を計算に入れてないとは言え、「3年やって9人」の場合の試算ですよ?
関東のベッドタウンのピアノ教室であれば、むしろかなり控えめな、夢の無い数字とすら言えると思います。

私が言いたいのは、いかに低リスクかという事です(余程でない限り赤字にはならない)。

私の母のピアノ教室の場合は、2年で7人から44人まで増やしました。
詳細はこちら 母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

4年経った今も(2019年10月)、40人程度(体力的にほぼ満員)をずっと維持しています。
ここでは細かく書きませんが、計算したい方は計算してみてください。
累計で、私の武蔵野音大の学費分くらいは軽く超えていることが分かると思います(働いているのは向こうなので「学費を返した」とは言えませんが ^^; )

無料のブログやSNSで頑張っても、そこそこ生徒は来るかもしれません。
しかしそれと、プロの力を借りた場合の差を、仮の数字で良いのでざっくり計算してみて欲しいのです。
目先の出費と、それを惜しむ事による中長期的な相対的損失の可能性を。

ここで問題です。

A. 払った費用の何倍もの収益が入る可能性
B. 1円も使わず収益もそう変わらない可能性

あなたはどちらを選びますか?

●NAGAI生徒募集サポーティングのサービス内容について
生徒募集を二人三脚でお手伝い! ホームページ制作と集客サポート

●NAGAI生徒募集サポーティング代表の永井について
代表 永井玄太 プロフィール

お問合せはこちら