このページではNAGAI生徒募集サポーティングの料金についてご案内します。

※「音大卒×ヤマハ特約店元ウェブ担当」永井についてはこちら

※永井が作るピアノ教室ホームページと集客サポートサービスの詳細はこちら

ホームページ制作費と管理費

ホームページ制作費 永井のコンサル:29,000円(+税)
シンプル制作:49,000円(+税)
計 78,000円(+税)
サイト管理費 9,000円(+税)/月

低価格と集客力の両立を実現!
永井のコンサル付きシンプル制作プラン

永井のホームページ制作は、掲載内容を設計する段階から、永井のコンサルティングが付きます
1対1でじっくりとお話を伺い、生徒さんや保護者さんから見た「あなたの教室の魅力や強み」を探し出すので、自作で何となく作るホームページや、この業界を知らない制作会社が作るホームページにはない、「あなたの教室のための募集戦略と集客力」を持たせることができます。

シンプル制作プランでは、機能性はそのままに、デザイン性(装飾)をシンプルに抑えることで制作工数を減らし低価格を実現。 見た目の華美さにあまりこだわらない方にはオススメです。見た目は多少シンプルですが、生徒を増やすことは十分可能です。最も肝心なことはデザイン性ではなく、中身の情報(コンテンツ)だからです。
参考:ネットでピアノ生徒を集めるのに “高額な” ホームページは必要なのか

ホームページは小さく始めて大きく育てるのが安全で手堅く、オススメです。
参考:これだけは知っておきたい!ピアノ教室ホームページ作成で失敗しないための鉄則

▼永井のコンサル付きシンプル制作プランと他社との違い▼

※全てのホームページで独自ドメイン(各教室独自のURL)を使用します。

※永井が作るピアノ教室ホームページと集客サポートサービスの詳細はこちら

アフターサポート料金

お得なコミコミ定額プラン

ホームページの公開後、問合せが安定するまで(※)は「コミコミ定額プラン」をオススメします。
※半年~1年程度目安。理想は「春募集を2回」(参考:ホームページを使ったピアノ生徒集めが軌道に乗るまでの流れ)。

これは永井が母のピアノ教室を再建した際に行っていた事(※) をそのままサービスとしてご提供するものです。
※詳細:母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

「コミコミ定額プラン」では、以下の総合サポートサービスが毎月定額で受けられます。

  • 総合アドバイス面談(月1回60分 電話にて)
  • 検索対策(SEO)アドバイス
  • ブログ添削(月3本まで)
  • ページ更新(文章や写真の追加修正)
  • 分からない事はいつでもメールやLINEで相談できる

※サービス内容の詳細についてはこちらをご覧ください

コミコミ定額プラン 18,000円(+税)/月(管理費込)

「↑これって高いの?安いの?」という方は次の記事をご参考ください。
永井の集客サポート料は安い!?~ カ○イ音楽教室の元講師さんがセミナーに来て下さいました ^ ^

※検索順位や問合せが軌道に乗ったら、サイト使用のみ(管理費9,000円/月)に「卒業」されると良いでしょう。

単発で受ける場合

ブログ添削 5,000円(+税)/1本
総合アドバイス(面談) 8,000円(+税)(60分)
検索対策(SEO)アドバイス 8,000円(+税)/1回

ホームページ健康診断

既にホームページをお持ちで、現状に不安のある方へ。
今のホームページに何か問題は無いか、健康診断を致します。
事前にURLをお教えいただいた後、60分間のお電話でのアドバイスとなります。

ホームページ健康診断 48,000円(+税)/60分

ホームページ健康診断の詳細はこちら

生徒募集にも投資の観点を ~低リスクで黒字運用が見込める料金設定~

私は楽器店などのピアノ講師になるよりは、自宅でピアノ教室を開くことをオススメしています。

なぜなら、自宅教室ならレッスン料が100%先生に入る、つまり、自宅教室の生徒1人は楽器店の生徒2人~5人分に相当するからです。
詳細:雇われピアノ講師 と 自宅ピアノ講師 ~ あなたのレッスン料の取り分は何%?

そして私は、 お客様のホームページを「しっかりと収益の上がる集客マシンに育て上げる事」に確固としたこだわりを持っています。
詳細:私の使命は、先生方の音楽教室が理想の生徒さんで溢れ、経済的にも精神的にも安心・満足・充実のある日々を手にするまでサポートしきること

さらに、低リスクで黒字運用が見込める料金設定にしてあります。

確かに当方へのご依頼には、制作費やサポート料、管理費が目先の経費としてはかかります。

ここで問題です。

A. 払った費用の何倍もの収益が入る可能性
B. 1円も使わず収益もそう変わらない可能性

あなたならどちらを選びますか?
あなたは今、旨い儲け話をされようとしていると思いましたか?(笑)

騙されまいと思いながらで結構です。
もう3分だけお付き合いください。

生徒募集を、無料のブログやSNSで、とにかくお金をかけず、自力でやろうと思っている方へ。
ぜひ1度、冷静に電卓を叩いてみる事をオススメしたいのです。

永井のサービスを受けた場合の赤字と黒字の境界

もし当方のサポートとホームページを、コミコミ定額プランを半年で卒業しその後1年(計18カ月)ご利用された時点での費用は次の通りです。

合計で323,400円(税込)となります。

一方、あなたのピアノ教室の月謝を仮に8,000円としましょう。
上記内容でホームページを公開し
・3カ月目に生徒Aが入会し15カ月在籍
・4カ月目に生徒Bが入会し14カ月在籍
・5カ月目に生徒Cが入会し13カ月在籍
した場合の18カ月の月謝収入(計42カ月分)は次の通りです。

合計で336,000円(税込)となります。

323,400円払って
336,000円の収入。
ギリギリ黒字ですね。

公開3カ月後から月に1人ずつ、計3名入会した場合の18ヶ月後。
これが当サービスの赤字と黒字の境界です(損益分岐点と言います)。

1年半で3名しか集まらないという事を言いたいのではありません。
赤字になるリスクの低さを言いたいのです。

1年半やって3名というのは、実際には惨敗のような数字です。
それでも赤字にはならないという事です。

かなり消極的な話だとは思いますが、このリスクのラインを把握しておくことは大切だと思います。

もちろん簡易的な仮の計算ではありますが、これが当サービスの赤字と黒字を分ける最低ラインです。

毎年3人増えるだけで累計がどれだけ開くか

そしてここから先は、全て黒字です。
あまり露骨に金額を書くと、バブリーな怪しい話のように見えてくるので少し書きづらいのですが……。

少しだけ書きますね。
便宜上ここでは退会を計算に入れない分、入会数をだいぶ少なめに、そして単純計算で見積もります(あくまでざっくりなイメージとして見てください)。

今度は仮に、
月謝 8,000円で
毎年3人づつ増えた場合を考えてみます。

1年目(新規3名で計3名)

この時点ではまだ72,000円の赤字です。

2年目(新規3名で計6名)

2年目が終わる頃には385,200円の黒字に転じます。

3年目(新規3名で計9名)

3年目が終わる頃には1,130,400円の黒字となります。

単純計算だと、3年後の時点で使った費用の3倍以上の収入を得ていることが分かります。

地域や楽器、そしてあなたの教室のレッスン料と残り空枠にもよりますが、上の計算は決してバブリーな、上手い儲け話ではありません。
退会を計算に入れてないとは言え、「3年やって9人」の場合の試算ですよ?
関東のベッドタウンのピアノ教室であれば、むしろかなり控えめな、夢の無い数字とすら言えると思います。

繰り返しますが、私が言いたいのは、いかに低リスクかという事です(余程でない限り赤字にはならない)。

上記は毎年均等に3名ずつ増えた計算ですが、実際はホームページ生徒募集は(きちんとやれば)年を追うごとに加速していきます。
「3年目の新規が3名」というのは、これはもう相っっ当手こずっている状態、私からすると完全に惨敗です。
それでもこれだけの黒字にはなるという事です。

私の母のピアノ教室の場合は、2年で7人から44人まで増やしました。
詳細はこちら 母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

5年経った今も(2020年6月)、本人が望む、体力的に満員の人数をずっと維持しています。
ここでは細かく書きませんが、計算したい方は計算してみてください。
累計で、私の武蔵野音大の学費分くらいは軽く超えていることが分かると思います(働いているのは向こうなので「学費を返した」とは言えませんが ^^; )

▼他の事例はこちら▼
「今年に入って生徒さんが倍になりました!」晴れて募集停止のピアノ教室 S先生
生徒0人から47人に、新卒開業から2年9ヶ月で増えました♪ ~ フルート&ピアノ教室 M先生の声
1年半で生徒が19人増えて50人達成♪ 横浜のピアノ教室T先生の軌跡

無料のブログやSNSで頑張っても、そこそこ生徒は来るかもしれません。
しかしそれと、プロの力を借りた場合の差を、仮の数字で良いのでざっくり計算してみて欲しいのです。
目先の出費と、それを惜しむ事による中長期的な相対的損失の可能性を。

※注:↓こんなご相談者さんもいました
これだけは知っておきたい!ピアノ教室ホームページ作成で失敗しないための鉄則

ここで問題です。

A. 払った費用の何倍もの収益が入る可能性
B. 1円も使わず収益もそう変わらない可能性

あなたはどちらを選びますか?

●NAGAI生徒募集サポーティングのサービス内容について
生徒募集を二人三脚でお手伝い! ホームページ制作と集客サポート

●NAGAI生徒募集サポーティング代表の永井について
代表 永井玄太 プロフィール

お問合せはこちら