小さなイベントに最適! 杉並区の音楽サロン「スタジオピオティータ」~ スタインウェイのヴィンテージが素敵

永井です。

今週は杉並区下高井戸の「スタジオピオティータ」さんという音楽サロンで YouTube 広告用の動画撮影を行ってきました!
※上の写真、スマホの自撮りモードだと左右反転してピアノがめちゃくちゃ気持ち悪いですね(苦笑)

動画は近日公開予定です。
お楽しみに ^ ^

せっかくなので、今回はこの杉並の音楽サロン「スタジオピオティータ」さんをご紹介しますね。
東京で音楽教室をされている方は、ちょっとしたイベントに良い会場だと思いますよ ^ ^

小さなピアノ発表会やイベントにおすすめのサロン!

「スタジオピオティータ」さんは京王線の桜上水駅から歩いて10分くらいの住宅街にひっそりと佇んでいます。
新宿から20分くらいで行けちゃいますから、アクセスもまあまあですよね。

個人のお宅?の地下に作られた小ぶりな音楽スタジオ(サロン)で、スタインウェイのヴィンテージ(御歳90歳!)とチェンバロがあるんですよ。

キャパ的には、椅子が最大30席ぐらい並べられそうな広さですので、ちょっとしたコンサートや発表会、イベントにおすすめです ^ ^

私のお客さんのフルート教室(※)も、去年ここで記念すべき第1回目の発表会を単独開催されたんですよ。
もうすぐ生徒30人!新卒開業フルート教室 N先生が3年目に入りました ^ ^

参加者15人~20人くらいまでの発表会でしたら、ちょうど良い規模かと思います。

スタインウェイのヴィンテージとチェンバロが素敵

ピアノをバックにインタビューシーンを撮影しました

スタインウェイのヴィンテージがまた名器なんだそうで、有名なピアニストがレコーディングに使われたりもしているそうです。
今回私は弾かないで、インタビューの背景に入ってもらっただけですけどね ^ ^ ;

上の写真だと分かりづらいですが、ピアノの右側(正面って言うの?)にスタインウェイのマークがありません。
一瞬、一抹の不安を覚えるのですが ^^; 昔はマークは外側には無かったんですって。

↓マークは中のフレームにちゃんとありましたよ ^ ^

ピオティータさんには、他にチェンバロもあるので、古楽器のアンサンブル練習やコンサート、レコーディングにも使われるとオーナーさんが仰ってました。

有名な所だと、劇団四季の『恋におちたシェイクスピア』のBGM(サントラ)もこのピオティータさんで録音されたそう!
すごいですね ^ ^

ピアノ教室の小さな発表会だったら、チェンバロ奏者さんを呼んで、みんなで鑑賞するのもとっても勉強になりそうですよね。

「みんな~、バッハは『ピアノのための曲』なんて1曲も書いてないのよ~」
「うっそぉ~!?」

なんてね。
楽しそうですね ^ ^

待機スペースもアイデア次第でいろいろ使えそう

↑メイン会場の隣には8畳程度の休憩部屋があります。
ここは飲食もOKなので、発表会やコンサートの控室、着替えスペースに良さそうですよ。

↑ 1階の待機スペース(リビング)もけっこう広くて、いい感じ ^ ^
クリスマス会とか、子供たちを集めて、演奏あり、ケーキあり、ゲームありみたいな、ワイワイわちゃわちゃしたイベントをやるのも楽しそうですね。

とまぁ、ピオティータさんはこんな感じでした。
20~30人くらいまでの人数でしたら、集まって何かを楽しんだり、おもてなしするのに良いかと思います。
東京都内で何か小さな発表会や、イベント、演奏会を企画することがあったら思い出してみてくださいね ^ ^

以上、今回は杉並区下高井戸(京王線桜上水駅徒歩10分)の音楽サロン「スタジオピオティータ」さんをご紹介しました。
「スタジオピオティータ」ホームページはこちら
 

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)