インターネットのパワーの不思議 ~ シンガポールのピアノ教室の先生と新宿で初対面!

永井です。

今回はただの日記です ^ ^
(このブログカテゴリーは「近況報告」ですのでね)

8月に、シンガポールのピアノ教室の先生からホームページ制作のご依頼を頂いたと、ブログでご紹介しました。
なんとシンガポールのピアノ先生からご依頼が!~ こんなに違う、海外のピアノ教室事情

この先生とはその後ずっと電話やメール、LINEだけでのやり取りをしてきましたが、今月日本に帰られるということで 、一昨日新宿でお会いしてお茶してきました ^ ^

この先生だけでなく、私のお客さまには直接お会いしたことのない遠方の方は多いのですが、やっぱり直接会ってお話しするって大事だなーって思いましたね(そりゃそうだ)。

人と人ですからね、やっぱり直接顔を合わせてお話することで、お互いの理解や親密度も増すような気がしました ^ ^

私のお客さまには、一度もお会いしたことがない方は多いでですが、 一度「だけ」お会いした先生も結構いらっしゃるんですよ。

地方にお住まいの先生でも、ちょいちょい東京にいらしてる方って結構いらっしゃるんですよね。

ご自分が受けるレッスンとかで上京されるついでにお会いしたり、私のセミナーに来てくださる方もいます。
中には私のセミナーを受けるためにわざわざ東京まで来てくださる方もいらっしゃいます。
誠に嬉しい限りです ^ ^

関東にお住まいの方でも、一度私のセミナーにお越しになってホームページ制作と集客サポートのお申込みをいただき、それ以後は電話とメール、LINEだけという方もかなり多いです。

こうして考えると、ほとんどのお客様とは、片手で数えられる程度しか直接はお会いしてないんですよね。

それでも、電話とネットだけで、遠く離れた、私が行ったこともない土地のお教室に、生徒さんが集まるように遠隔サポートできてしまうというのは、よくよく考えるととっても不思議な感じですよね。

思えば母の教室を再建した時なんて(※)、今のお客さんみたいに毎月きちんと電話でカウンセリングしたりなんてしなかったし、直接会うのはお正月とゴールデンウィークのピアノ発表会ぐらいでしたから、ほとんどメールでのやり取りしかしなかったわけです(母は未だに LINE ができません)。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に、2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

20年前だったらこんなこと考えられなかったのではないでしょうか。
時代はすごい速度で進んでいますね ^ ^ ;

新しいものについていくのは大変ですし、最初は腰が重いですけれども、これだけ便利なものを使わないのは非常にもったいないです。

ついこの間まで私と全く面識のなかった遠方のピアノ教室の先生が、ネットでたまたま私のことを見つけてくださり、今は生徒募集のパートナーとして繋がっている。

同じように、その先生と全く面識のなかった地域の方が、たまたまネットでその先生のお教室を見つけて、その先生の生徒さんがどんどん増えている。

ネット上でのきっかけがネット上だけで終わらず、こうして現実に人と人のつながりを生んでいるというのは、これは実感してみると結構すごいことですよ。

まだこの世界に飛び込めず二の足を踏んでいる方、 来年は思い切ってネットを使った生徒募集にチャレンジしてみることをオススメします。

やっている人はどんどん経験を積んで、先を進んでいますからね。

初めてのことは怖いかもしれませんが、とにかく最初は始めてみることです。

始めてみて、うまくいかないこともあるでしょう。
「これではうまくいかない」と分かることはれっきとした前進です。

そこから、では他にどうすれば良いか、何ができるかと考える時、その人は既に次のステップにいます。
始める前とは明らかに違うステージにいます。
これの繰り返しなんですね。

そうこうしているうちに、必ずどこかで道が開ける時が訪れます。
途中で止めたり、そもそも始めなければ訪れません。

行動だけが結果をもたらします。

2020年は良い年になるといいなあー、生徒さんが増えたらいいなぁー、なんて思うあなた。
今までと違う結果を引き起こしたければ、今までと違う行動を起こす必要があります。

あなたは来年、どんな行動を起こしますか?