永井です。

このページでは私のピアノ教室ホームページ作成と集客サポートのご案内をいたします。

「生徒集めが苦手」な先生のためのピアノ教室ホームページ作成と集客サポート

「ピアノ生徒の集め方が分からない……」
「パソコンやインターネットが苦手……」
「昔は口コミで集まったけど最近はさっぱり……」

そんな個人ピアノ教室の先生のためのホームページを作成します。

今やピアノ教室もスマホで探す時代。
それは分かっていても、実際にどうしたらいいのか、やり方が分からない。
一般のホームページ制作業者に頼んでも、音楽教室の話が通じないし、何を載せれば良いのか分からないし、何より生徒が集まらない。

そんなお悩みをお持ちのピアノ講師さんは、ぜひ永井にご相談ください。

▼今ピアノ教室の先生に読んでもらいたい記事▼
【ピアノ教室コロナ対策①】レッスンする?しない?休講はいつまで?月謝は?振替は?感染予防は? 対応を考えてみた
【ピアノ教室コロナ対策②】ピンチをチャンスに!今、何ができるか
【ピアノ教室コロナ対策③】現時点(3/3)のピアノレッスン出欠状況は? 蓋を開けてみたら……
【ピアノ教室コロナ対策④】ピアノ鍵盤の除菌・消毒できてます?
【ピアノ教室コロナ対策⑤】一斉休校も2週目 ~ レッスン再開はいつから? これから休講という決断も?
【ピアノ教室コロナ対策⑥】専門家会議が見解公表 ~ レッスンはいつから再開? いつまで自粛?
【ピアノ教室コロナ対策⑦】緊急事態宣言→首都封鎖 起きたらどうなる?
【ピアノ教室コロナ対策⑧】緊急事態宣言発令! レッスンする?しない?どうする?
【ピアノ教室コロナ対策⑨】全国オンラインレッスン情報交換会開催! 4/30、5/1
【ピアノ教室コロナ対策⑩】緊急事態宣言延長!いつまで続く?これからどうする?
【ピアノ教室コロナ対策⑪】39県で緊急事態宣言解除! これからどうする?

「音大卒×ヤマハ特約店元ウェブ担当」が作る、「実際に生徒が集まる」ピアノ教室ホームページ

私は武蔵野音大を卒業後、東京23区のヤマハ特約店で5年間、音楽教室の運営とホームページ生徒募集を担当してきました。

私の母も自宅でピアノ教室を営んでいます。

そんな「音楽教室業界の裏も表も知っている」永井が、この業界での実践に裏打ちされた、実際にピアノ生徒が集まるピアノ教室ホームページを作成致します。

そして、ピアノ教室ホームページをただ作成して終わりではなく、ホームページ公開後に、それを使って実際に生徒を集めるやり方までを、1対1で丁寧にアフターサポートしていきます。

永井についてはこちら

料金のご案内はこちら

永井への無料LINE電話相談はこちら

母のピアノ教室生徒を7人から44人に、2年弱で遠隔で増やしました

「来月のピアノ発表会が終わったら、生徒さんが7人に減っちゃう」

2015年4月、青い顔をしてそう言ったのは、親戚の法事で久しぶり会った母でした。
私の母は、埼玉の実家で小さな個人ピアノ教室を運営しています。

当時すでに指導歴40年以上という年齢でした。
昔は口コミや紹介で生徒が来たけど、ここ数年はすっかり減ってしまった。
今はネットの時代なんて言われても、どうしたら良いのか分からない、というアナログな母。

「介護のパートでも始めようかしら……」

そんな事まで言い出したのです。

そこで私は、当時ヤマハ特約店の音楽教室で、ウェブ担当として東京23区の全センター(教室)のネット集客をしていた経験を活かし、実家の母にホームページを作成してあげ、ほとんどメールのやりとりだけで、遠隔でネット集客をサポートし始めました。

日頃のレッスンもあるので、煩わしいSNSには手を出さず、ホームページ1つで生徒募集を続けた結果、2年後には生徒数44人まで増えました(体力的に満員)

こうして、私のピアノ教室ホームページ作成とネット集客のノウハウは確立されていきました。

※この時のエピソードの詳細は次のページをご覧ください。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に、2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

▼その他の実績はこちら▼
生徒0人から47人に、新卒開業から2年9ヶ月で増えました♪ ~ フルート&ピアノ教室 M先生の声
1年半で生徒が19人増えて50人達成♪ 横浜のピアノ教室T先生の軌跡
「今年に入って生徒さんが倍になりました!」晴れて募集停止のピアノ教室 S先生

先生がやることはただ1つ「月に3本以上のブログを継続して書くこと」

ピアノ教室ホームページを作成したら、先生は月に3本以上のブログを書き続けるだけです。
ブログの書き方や検索対策など、分からないことは随時メールやLINE、毎月の電話面談で丁寧に個別サポートします。
PCが苦手な方でも大丈夫です!

ホームページを使った生徒募集(ネット集客)は、問い合わせが安定して入る状態、つまり軌道に乗せるまでが一番難しいのですが、そこまでのアドバイスや軌道修正などを、永井がお一人おひとりのペースに合わせて、結果が出るまでサポートします。

参考:
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方
問合せに繋がりやすいピアノ教室ブログの書き方
ホームページを使ったピアノ生徒集めが軌道に乗るまでの流れ

料金のご案内はこちら
永井への無料LINE電話相談はこちら

他社と何が違う? 永井のホームページ制作と集客サポートの特徴

永井と他のホームページ制作会社との違いは、一言で言うと「音楽教室業界を熟知している」という事です。

永井は自身も個人ピアノ教室の家庭に育ち、音大を卒業し、楽器を教わり教え演奏し、東京のヤマハ特約店で教室運営と23区全センターのホームページ集客を経験してきまました。

つまり、音楽教室のことだけ知っているのでも、ネット集客のことだけ知っているのでもなく、ネットを使ってピアノ生徒を集めるために必要な知識経験の全般をカバーしているから、ネットに不慣れな先生も安心してお任せ頂けるのです。

[Point 1] 習う側の価値観が分かります!

ピアノ教室を探す人の気持ちが分からなければ、ピアノ生徒が集まるホームページを作ることはできません。

永井は楽器店での5年間の音楽教室運営を通じて、数千人の生徒様や保護者様と会話を重ねてきました。

ピアノや音楽を習いたい人が、何を気にし何を大切にしているのか、その気持ちが分かるから、生徒が集まるホームページを作ることができるのです。

参考:
集客に成功したピアノ教室ホームページの特徴 ~ 横浜のピアノ教室T先生の場合

[Point 2] 教える側の事情が分かります!

音楽の話やレッスンの苦労、教室運営の悩みが全然分からない業者さんに、ホームページ制作をお願いしたいですか?

永井は自身も音大を卒業し、楽器を教わり、教え、音楽を学んできました。
楽器店教室のスタッフ時代に講師の皆さんと重ねた裏話は数知れません。
そして今現在も日々、日本中のピアノ講師さんからご相談を受けていますLINE無料相談はこちら)。

この音楽教室という業界の裏も表も知っている、教える側の事情や気持ちや教室運営の事情が分かるから、先生に寄り添ったホームページ作成とサポートができるのです。

新規開業など、教室運営経験の少ない先生には、レッスン料の設定や発表会、教室方針など、運営面のご相談ができる点も喜んでいただいています。

参考:
「(永井は)専門用語や音楽教室のイメージが暗黙の了解で通じます」~ 神奈川のピアノ教室 K先生のホームページが完成♪
「運営や方向性に悩んでいる方にも良いのではないかと思います」― 都内ピアノ教室 S先生の声
永井の集客サポート料は安い!?~ カ○イ音楽教室の元講師さんがセミナーに来て下さいました ^ ^

[Point 3] 音楽教室業界に特化したネット集客力!

「せっかくピアノ教室ホームページを作ったのにお問合せが全然来ない!」

そういったお悩み相談が日々、日本中のピアノ教室さんから非常に多く寄せられています(LINE無料相談はこちら)。

永井は単に音楽教室の実情を知っているだけではありません。

ヤマハ特約店での勤務時代に東京23区の全センター(教室)のホームページ担当としてウェブ集客をした経験と、遠方の実母のピアノ教室を2年弱で生徒7人から44人まで、ホームページ1つで遠隔で再建した実績(※)があります。
母のピアノ教室生徒を7人から44人に2年弱で遠隔で増やしたネット集客のやり方

この業界での実践経験に裏打ちされた、インターネットを使って集客をする確かな専門技術を持っているから、あなたが理想とする生徒を集める、あなたの教室に合わせたネット集客ができるのです。

他にはこんな実績も↓
「今年に入って生徒さんが倍になりました!」晴れて募集停止のピアノ教室 S先生
生徒0人から47人に、新卒開業から2年9ヶ月で増えました♪ ~ フルート&ピアノ教室 M先生の声
1年半で生徒が19人増えて50人達成♪ 横浜のピアノ教室T先生の軌跡

[Point 4] HP公開後も頼もしい!安心のアフターサポートサービス!

「とりあえずピアノ教室のホームページは作ったけど、その後のネット集客のやり方や操作方法がわからない!」

そうなる心配はありません。

ホームページ集客はサイトを公開してからが試合開始です。
ブログの書き方や検索対策など、ネット集客の具体的なやり方も、永井が寄り添う頼もしいアフターサポートがありますのでご安心ください(コミコミ定額プランをご利用の場合)。

月に1度の電話面談(作戦会議!)では、ネット集客はもちろん、教室運営のお悩みも含め、分からないことは何でもご相談いただけます(メールやLINEは随時OK)。

「ひとりでは何をどうすればいいのか分からない……」

そんな不安や悩みから解放され、やる事が明確になるから、先生はレッスンにも安心して集中することができます。

レッスン料の記載を修正したい、発表会のページを更新したい等、面倒なサイト更新を定額料金内でご依頼いただける点もご好評いただいております。

料金のご案内はこちら

永井への無料LINE電話相談はこちら

よくあるご質問

Q.どんなピアノ教室さんが利用されていますか?

永井にホームページ作成をご依頼くださるピアノ教室さんで最も多いのは、

生徒数一桁のピアノ教室さん

です。

時代についていかなきゃいけないのは分かっている。
でもどうしたらいいのか分からず、ついに崖っぷちまで追い詰められてしまった。

永井はそんな日本中のピアノ講師さんたちの駆け込み寺になっています ^ ^

他には、平日にフルタイムの仕事をしていて(または子育てで忙しい)、ピアノレッスンは空いてる時間に細々とやっているけれども、これから収入の軸足を自宅ピアノ教室メインにシフトしたい方。
定職の仕事から自宅ピアノ教室で独立するまでの1つの手

あるいは生徒数ゼロ、つまりこれから教室を新規開業したいという方もいらっしゃいます。
そんな方には、永井の音楽教室業界の経験が非常にご参考になるようです。
生徒0人から47人に、新卒開業から2年9ヶ月で増えました♪ ~ フルート&ピアノ教室 M先生の声

ご年齢は20代から60代まで様々です(多いのは30代~50代です)。

参考:
生徒3人から這い上がるだけ♪ ~ 沖縄のピアノ教室さんからホームページ作成依頼をいただきました ^ ^

Q.生徒が少ないから大きな初期費用は出せないんですけど……

ピアノ教室ホームページ作成と言うと、10万円も20万円も30万円もするホームページ制作会社さんはたくさんあります。

でも生徒が少なくて困っているピアノ教室さんには、そんなまとまった金額は簡単に出せるものではない、という実情もあるかと思います。

永井はそんな教室さんのために、低価格と集客力の両立を実現する、中身で勝負の「シンプルプラン」をご提供しています。
デザイン性はそれほどゴージャスではないけれども、中身をしっかり作り込んで、中身の情報で勝負する。
そんなピアノ教室ホームページを48,000円(+税)で作成しております。

ピアノ生徒の集客は、私のシンプルプランのホームページで十分に可能です。
【重要】これだけは知っておきたい!ピアノ教室ホームページ作成で失敗しないための鉄則

▼永井のシンプルプランと他社との違い▼

※「シンプル」というネーミングではありますが、作成されたお客様のご感想は上々ですよ ^ ^

【シンプルプランでホームページを作成されたお客様の声】
「まさにコレコレ!! ページを開けてはニヤニヤする毎日です」― 福岡のピアノ教室 S先生の声
「いつも思っていたものが、こんな風に形になって、感動です!! 」東京近郊のシステム講師 I先生の自宅ピアノ教室ホームページが完成!
「こんなに素敵なHPが出来上がるなんて、夢のようです」― 広島のピアノ教室 H先生の声
自分のホームページやブログは愛着を持てるものですか? ~ 愛知のピアノ教室 S先生のホームページが完成!

参考:
ネットでピアノ生徒を集めるのに “高額な” ホームページは必要なのか

料金のご案内はこちら

Q.検索順位はちゃんと上がりますか?

ピアノ教室ホームページによる生徒集めにおいて、検索上位表示対策(SEO)は必須要素の1つです。

ホームページ作成時点でのキーワード設定はもちろん、アフターサポートの一環として、検索対策もしっかりと扱っていきますのでご安心ください。

私が作成するピアノ教室ホームページは、東京23区での激戦においても検索上位を獲得しています(地方で上がるのは当たり前)。

参考:
これだけはやろう!個人ピアノ教室の検索上位表示対策(SEO)
「ここ1年で教室ホームページの検索順位が下がってきたんです」← それってもしかして……
個人音楽教室のための検索対策(SEO)セミナー(初級編) ~ホームページを上位表示させる方法~

Q.アメブロとホームページを両方やるのが良いって聞いたんですけど

きちんとしたピアノ教室ホームページを作成するのであれば、アメブロを併用するのはむしろマイナスになると私は考えています。
アメブロは使わないほうが良いです。

詳しくは次のページで解説していますのでご覧ください。
えっ? まだアメブロでピアノ生徒集めてるんですか!?
私がピアノ教室の生徒募集にアメブロを薦めない理由
アメブロからホームページに変えてどう変わった? 埼玉の音楽教室 M先生の事例

Q.ブログは書かなきゃだめですか?

ブログは必ず書いていただきます。
ピアノ教室のホームページ集客は、ブログをサボると失敗します。
最低でも月3本は書けるように頑張りましょう。
※毎日は書かなくて良いです。

もちろん最初は、書き方が分からなくても、上手に書けなくても大丈夫です ^ ^
永井が個別に、添削や毎月のお電話でアドバイスをしていきますので、それぞれの方のペースに合わせて、生徒が集まるブログの書き方を身に付けていただくことができます。

参考:
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方
生徒が集まるピアノ教室ブログの基本的な心構え
問合せに繋がりやすいピアノ教室ブログの書き方

Q.SNSはやらなきゃだめですか?

特に個人ピアノ教室の場合は、SNSを使う必要はないと私は考えています。

ピアノ教室は既に習い事としての市民権を確立しているので、ホームページ作成だけでもお客様のほうからやってきますので、基本的にはSNSはやらなくてもピアノ生徒を集めることは可能です。

※好きでやる分にはもちろんどうぞ ^ ^

Q.音大を出てないのですが大丈夫ですか?

音大卒でない先生でもピアノ生徒を集める事は十分に可能です。

短大、専門学校、教育学部、一般大学、他の楽器専攻と、4年制の「音大」のピアノ科でない先生で生徒を集めている例はたくさんありますので大丈夫です。

私はヤマハ特約店の音楽教室での5年間の勤務経験を通して、数千人のお客様(ピアノ教室を探す方・保護者さん)との会話を重ねてきました。

その経験を通して私が言えること、それは「ピアノを習う側は講師の出身校なんて気にしていない」という事です。
この業界のお客様にとって大切な関心事は「そこ」ではないのです。

ですから、音大のご出身でない先生もどうぞ安心してご依頼ください。

参考:
ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例

Q.私、全然すごい先生じゃないんですけど……

ピアノ講師として自信が無い。
そういうご相談は、私のところによく寄せられます。

私がそんな先生方を見ていてよく思う事は

講師の自己評価(講師同士の評価も!)と市場(習う側)の評価は往々にしてズレている!

という事です。
ここは、実はかなり重要なポイントです。

ピアノ講師として自信がないという方は、まずは私にご相談ください。
「自分はダメだ」と思う方、たぶんそうでもないですよ ^ ^
LINE無料相談はこちら

参考:
「こんな私」じゃ生徒は集まらない? ~ 三重県の個人ピアノ教室のN先生のご相談
ネットでピアノ生徒を集めるのに一番大切なこと

Q.近隣がピアノ教室だらけなんですけど

近所がピアノ教室だらけだから、生徒を取られてうちに来ない。

↑生徒が集まらないピアノ教室さんから1番よく聞く「理由」がこれ(ちなみに2番は少子化)。

気持ちは分かりますが、時代やライバルなど「自分の外のせい」にしても、物事は1歩も良くなりません。

結果を出す人は「自分の責任」として、自分で行動を起こす人だと思います。
結果を引き起こすものは、自らの行動以外にありません。
ただ待っていても事態は変わらないのです。

そして、近所のライバルがどうであれ、ピアノ教室のネット集客においてやる事は、実はそんなに変わりません。
あなたはあなたの魅力を見つけ、時に発明し、発信していくだけです。

「私はやる!」と立ち上がる方。
私はあなたの味方ですよ ^ ^

参考:
あなたのピアノ教室のライバル、どう対抗する?
選ばれるピアノ先生ってどんな先生?
あなたの事を認め必要としてくれる人は必ずいる ~ 某地方激戦区のバイオリン教室K先生の事例

Q.個人でピアノ教室を開くか、楽器店やカルチャーセンターで講師をやるか迷っています

私は個人ピアノ教室の家庭に育ち、楽器店の音楽教室で5年間勤務し、個人教室と企業教室のどちらの裏側も見てきました。
そして集客面と収入面まで見た上で、私としては「個人でやるのが絶対にオススメ」です。

詳しくは次のページで解説していますのでご覧ください。
雇われピアノ講師 と 自宅ピアノ講師 ~ あなたのレッスン料の取り分は何%?

Q.ピアノ生徒を集めるためにはレッスン料を下げないとだめですか?

ホームページに掲載しているレッスン料を周りより下げたら生徒が来る、レッスン料が周りより高いから生徒が来ない、というものでは必ずしもありません。

「値上げしてもフツーに来ました。既存の生徒さんもやめませんでした」

という例もありますので、安易な値下げはオススメしません。

参考:
「半年でこんなに体験レッスン来たことない! レッスン料値上げします♪」板橋のピアノ教室S先生の事例
ピアノ教室ホームページの「売れる理由」「売れない理由」を見つけるコツ

Q.今持っているピアノ教室ホームページからお問い合わせが全然来ないんですけど

音楽教室の業界を知らない普通のホームページ制作会社さんにピアノ教室ホームページを作成してもらったけど、全然生徒が来ません

↑この手のご相談は、日本全国からしょっちゅう私のところに来ます。

でも、安心してください。
今あるホームページから問合せが来ないからと言って、あなたやあなたの教室がダメだとは限りません。

ピアノ教室ホームページは、掲載する情報やブログの書き方によって、反響率が大きく変わります。
私がリニューアル(作り直し)すればちゃんとピアノ生徒が集まる可能性も十分ありますので、まずはご相談ください(LINE無料相談はこちら)。

「作り直しまでは……」と言う方には、個別のサイト診断も行っておりますのでご利用ください。
「ホームページ健康診断」はじめました ^ ^

参考:
「いっそ教室ホームページを閉じてしまおうか……」←ちょっと待った!ちゃんと直せばいけますよ!
「教室ホームページに何を書いたら良いですか?」~ とあるピアノ講師さんのご相談
「ホームページを作ったのにピアノ生徒が全然来ない!」となる前に ~ 大阪のピアノ教室 M 先生のご相談

Q.今持っている教室ホームページを見て、ホームページ制作会社の人が作り直しの営業電話をかけてくるんですけど、あれってどうなんですか?

ピアノ教室ホームページを作成して公開していると、それを見ていろんな業者から営業の電話がかかってきます(もちろん私はやってません笑)。

「ああいう業者ってどうなんですか?」

というご質問もよくいただきます。

この点は次のページに私の見解をまとめてありますので、ご覧ください。
「教室ホームページを見て営業の電話をかけてくる業者ってどうなんですか?」~ 千葉県のピアノ教室U先生のご相談

お申込み~ホームページ公開までの流れ

  1. お申し込み完了
  2. ホームページ制作料金のお振込み(正式スタート)
  3. お電話にてサイト内容の打ち合わせ(教室の方向性、ご用意いただきたい文章素材、写真素材のお話)
  4. 文章と写真をご用意いただきます
  5. 文章と写真が揃ったらホームページ作成スタート
  6. デザイン等ご確認いただき公開

※ホームページ作成にかかる時間は「文章と写真が揃ってから」2~3ヶ月程度です。
※月々の料金はホームページ公開の翌月から発生します。

サービスの詳細

ホームページ集客はじっくり育てる農耕型の手法です

残念な事に「ホームページは作っただけでお客さんが来る魔法の杖ではない」という事を、多くの方はご存知ありません。

ホームページを通して生徒さんを集め、増やしていく本当の勝負は、実は作った後にあるのです。
そのため、NAGAI生徒募集サポーティングでは、それぞれの教室に合わせたホームページ作成と、ホームページ公開後の集客アドバイス&ページ修正をセットでご提供しているのです(コミコミ定額プラン)。

サービス① 永井のコンサル付きホームページ制作

NAGAI生徒募集サポーティングのホームページ制作は、1つ1つの教室の個性や方針に合わせた、永井のコンサル付きです。

個人音楽教室の最大の特徴は、先生の個性にあります。

その教室の先生はどんな人柄か?
何を大事にしているのか?
どんな生徒さんに来てほしいのか?

こうした要素により、ホームページの掲載内容やデザイン、そして集客の戦略は決まります。
そしてこれらの要素は、先生方一人ひとり、本当に千差万別です。

私はホームページ制作の過程で、主催の先生との会話やメールのやり取りを丁寧に繰り返すことを大切にしています。
その先生の人柄を感じ取り、音楽や教育や人生に対する哲学、めざすものを感じ取った上で、ネット集客、教室集客のノウハウと経験に沿ったホームページに落し込んでいく。

これが、NAGAI生徒募集サポーティングのホームページ制作の特徴です。

※全てのホームページで独自ドメインを使用します。

サービス② アナログ先生も安心!公開後の集客サポート

ホームページの公開後は「コミコミ定額プラン」のご利用を推奨しております。
当方でホームページを制作され、「コミコミ定額プラン」にお申込みの方は、次のトータルサポートを毎月定額18,000円(+税)で受けられます。
料金のご案内はこちら

文章や写真の追加修正は定額料金内で対応

新設コースをレッスン案内に追加したい
講師の挨拶文を差し替えたい
最新の発表会の写真を追加したい

いざホームページを運用し始めると、意外と後からあっちこっち変えたくなるものです。
そしてそれは、自分のホームページに愛着が湧いてきているという、とても良いことでもあり、自然な事です。

しかしいざ自分で修正しようとすると、表示が崩れてしまったり、そもそもやり方が分からなかったり……
もどかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、当方では文章や写真の追加修正を定額料金内で行っております。
※大幅なデザイン変更を含む場合は別料金となります。

ホームページ集客は、実際に運用を始めた後、お客様の反響やアクセス状況、検索順位を見ながら、軌道修正を繰り返すことがとても重要です。
ホームページは「公開して放置」ではなく、内容をどんどんブラッシュアップしていく事で成果が加速していきます。
こうしてあなたホームページは、あなたの想いやこだわりがたっぷり詰まった、あなただけのホームページに育っていくのです。

パソコン操作の分からない事はいつでも聞ける!

ブログを書こうにもPC操作が分からない
スマホではできない修正をしたい
写真にぼかしを入れたり、明るく鮮やかに加工したい
Googleのサービスの登録方法が分からない

誰もがパソコンやスマホのアプリに強い訳ではないですよね。
やりたい気持ちがあっても、現実の操作段階でつまづいてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか?

永井はそんなアナログ先生の強い味方です。
パソコンやネット関係で分からないことがあったら、いつでも何でも、メールや電話でお聞きください。

また、スマホで撮った写真をブログに載せたい時もありますよね。

スマホで撮った写真は、

少し明るくする
色味を鮮やかにする
水平の傾きを直す
余分な箇所を切り取る

といった、ちょっとした加工を加えるだけで、見栄えが大幅に良くなったりします。
そして写真のクオリティが上がると、ブログのグレードもグッと上がります。

こうした写真加工はスマホのアプリでもできますが、慣れない方にはひと仕事かもしれません。

そんな時は、永井までメールで写真を送ってください。
あなたに代わって、きれいな写真に生まれ変わらせてお返しします。
顔出しNGの生徒さんにはぼかしも入れますよ。
もちろん定額料金内で。

月に1度の電話面談(作戦会議!)

「コミコミ定額プラン」では月に1度、60分の面談を電話で行います。
これは、お客様からのご相談タイムであり、募集戦略の作戦会議でもあります。

体験受講者の反応から見えてくる、先生や教室の魅力は何か
アクセス状況から見える現在のホームページの立ち位置
検索順位の変動を見てのキーワード戦略修正
新コースやキャンペーンの企画
ブログの効果測定の共有
ブログの方向性の確認や軌道修正

この時間が、NAGAI生徒募集サポーティングのサービスの中核を成す部分となります。
毎月、1ヶ月の取り組みを確認し、先生と永井の双方から施策を改善し、軌道修正していく様はまさに二人三脚。
こうした改善を繰り返す中で、あなたのホームページはどんどん筋肉質に鍛えられていきます。

検索対策の分析と戦略提案

教室のホームページが地域の検索キーワードで上位に表示されるかは、とても重要です。
当方のホームページでは、上位表示のための設定もしっかり行います。

そして実は、検索対策において大事なことは裏側の初期設定だけではありません。
多くの人はご存知ないのですが、生徒募集が軌道に乗るまで、検索対策は常々、効果測定と修正を繰り返す必要があるのです。

どういう事かと言うと、検索対策の要(かなめ)は「対策キーワードの選択と集中」にあるということです。

つまり、
どのキーワードで上位表示させるのが、一番募集に効果的か?
そして逆に、効果的でないキーワードで対策していないか?

こういう、キーワードの取捨選択ですね。
ホームページからの問合せを安定させていく過程には、様々な数字を見ながら仮説と検証を繰り返し、対策キーワードの効果度を探っていく段階が、実はあるのです。

「○○駅 ピアノ教室」で1位だからこれでバッチリ!
と思っても、それで問合せが来ないなら、何かを改善する必要がありますよね?

どんなキーワードが最善かは、地域や教室の立地によって、本当に千差万別です。

これが個人音楽教室の検索対策です。
このための判断と対策について、永井が知識と経験を総動員してサポート致します。

人と検索エンジンに効果的なブログの書き方

ホームページのブログを見てもらう対象は、人と検索エンジンです。
ブログはその書き方によって、人と検索エンジンが読み取る教室の評価が大きく変わるという事を、多くの先生方はご存知ありません。

教室検討者の心を打ち、体験レッスンに来てもらうには、どんな事を、どんな風に書けば良いのか?
検索エンジンに、対策キーワードでの上位表示をしてもらうには、どんな事を、どんな風に書けば良いのか?

これも、ホームページ集客において、非常に重要な柱の1つです。
効果的なブログを書くには、検索エンジンの仕組の他に、「教室検討者にとっての、教室や先生の魅力は何か?」という事を自覚して、意図的に(そしていやらしくなく)それを文章にしていく必要があります。

この、「先生や教室の魅力や強み」というのは、自分ではなかなか分かりにくいものなんですね。

実際のお客様の反応や声、あるいは永井のようにそれを外から見る第3者からのほうが、実はよく見えたりします。
自分では気づいていないけど、実は人からはよく見えている。
そういうものです。私だってそうです。

実際、ご自身の売りにお気付きでない先生は多いです。
武器として既に持っているのに、それを使わないのはもったいないですよね。

NAGAI生徒募集サポーティングの「コミコミ定額プラン」では、月に3本まで、ブログの書き方の添削を致します。
もちろん月1の電話面談の際にも大切なテーマの一つとして、扱っていきます。
多くの方は、ブログの書き方だけでこんなにも結果が変わるものかと驚かれることでしょう。

生徒募集が軌道に乗ったらサポートは卒業!

ホームページ集客は、ある意味でスペースシャトルの打ち上げにも似ています。

どういう事かと言うと、最初の立ち上げ(打ち上げ)に一番エネルギーが必要で、問合せが軌道に乗ってきたら(宇宙空間に出たら)、最初ほどのエネルギーを使わなくても、ある程度のエネルギーでスイスイーっと飛び続ける、という事です。

最初は、まずブログを書くこと自体が慣れなくて大変かもしれません。
またブログは、良い記事を書いても、ある程度の量が溜まるまでは、問合せが入りにくいという特性もあります。

何より前述の、検索順位やキーワード戦略、地域の方々の特性など、各教室ごとの「ツボ」のようなものを見つけ、安定させるまでの時間とエネルギーが必要なのです。

ここまで行くためのサポートとしてご提供しているのが、NAGAI生徒募集サポーティングの「コミコミ定額プラン」です。

そして、あなたがブログのコツを掴み、ホームページの問合せも安定してくれば、もう独り立ちができます。
その時は永井のサポートを卒業して、ホームページの使用だけ(管理費6,000円/月)にしていただく事が可能です。
※もちろんタイミングのご判断はお客様の自由ですし、最初からサイト使用だけという事もできます。

単にホームページを作るだけでなく、実際に生徒さんが増え、それを維持できるところまで、しっかり寄り添ってサポートすること。
それがNAGAI生徒募集サポーティングのミッションなのです。

●NAGAI生徒募集サポーティング代表の永井について
代表 永井玄太 プロフィール

●NAGAI生徒募集サポーティングのサービス料金について
料金のご案内

お問合せはこちら