「まさにコレコレ!! ページを開けてはニヤニヤする毎日です」― 福岡のピアノ教室 S先生の声

永井です。

6月のブログ記事でご紹介した(※)、福岡のピアノ教室 S先生のホームページが7月末に完成し、無事公開させていただきしました ^ ^
ピアノ講師の「学歴」よりも大切なもの ~ 福岡のピアノ教室 S先生の事例

出来上がったホームページをご覧いただいて、大変嬉しいご感想をいただきましたのでご紹介いたします!
※本件のホームページ製作は「シンプルプラン」です(詳細はこちら)。

【LINEのメッセージ画像】イメージピッタリのホームページを作成して頂き、本当にありがとうございます。限られた素材や電話トークの中から私自身を、これだけ的確に明確に表して頂けて、そうそう!こんな風に写真を載せたかった、とか、文章もこんな事を書いてみたかった、まさにコレコレ!!とか、ページを開けてはニヤニヤする毎日です。自分の思いを言葉にし、画像にし、形にするってこんなにビビッとくるものなんですね!これまでは、本当は、こうしたいけど、わかんないからいいか〜と、いうはっきりしない、なにか中途半端な感じで自作のブログを立ち上げておりましたが、先生のおかげでこんなにステキな思い通りのホームページが完成し、感無量です。先生もお忙しい中、急ピッチで公開まで持って来ていただいて心から感謝しております。これからは、きっと今まで以上に、私の思い描く生徒さんたちとたくさん出会える予感がします!教材準備にも力が入ります!!いつか、先生のセミナーにも参加してみたいです。これからもご指導よろしくお願いいたします。

↑ありがとうございます!!!!

私もまさかここまで喜んでいただけるとは思わなかったので、思わずこうしてご紹介させていただくことにしました。

ピアノ教室ホームページでは「先生の世界」を表現することが極めて大事

私のホームページは、製作段階からコンサルティングが始まります。

私が、その先生の理想の生徒さんを集めるために、一番最初にすることであり最も大切にしていることは、その先生が持っている「世界」を汲み取ることです。

非常に抽象的な表現で伝えづらいのですが、人はそれぞれ自分の「世界」を持っていると私は考えます。

先生と相思相愛の生徒さんを集め、理想のピアノ教室を作るには、この「先生の世界」を的確に表現することが非常に大切です。

ですので

限られた素材や電話トークの中から私自身を、これだけ的確に明確に表して頂けて、そうそう!こんな風に写真を載せたかった、とか、文章もこんな事を書いてみたかった、まさにコレコレ!!とか、ページを開けてはニヤニヤする毎日です。

↑こう仰っていただけたことは本当に嬉しかったです。
S先生の内面にあった形のない世界を、ホームページという形あるものへ、うまく変換できたようですね。
しかもドンピシャだったみたいで ^ ^

「いいや。大切なのは売り手(先生)ではなく、買い手(生徒・保護者) のほうなのでは?」

そういうご意見もあるかもしれませんが、私はその教室に通う生徒さんの表情、生徒さんのご感想までが、先生の世界の一部だと思っています。

そのピアノ教室に通う生徒さんがどんな風であるかが「その教室そのもの」であり、その「場」を作り出しているのが「先生の世界」だからです。

教室とは、一つのエネルギーを持った空間、場であり、その場を満たすエネルギーの性質によって、そこに集まる人々の在り様は変わります。

ちょっとスピリチュアルな怪しい話に聞こえる方もいるかもですね ^^;

でも、非常に抽象的なのですが、たぶんこのページをお読みの音楽をやっていらした方は、なんとなく分かるのではないでしょうか?

一番わかりやすい例は指揮者でしょう。
私は打楽器が専門ですので、ずっと吹奏楽やオーケストラの畑で育ってきました。

指揮者が変わるだけでバンドの音って魔法のように変わりますよね。
これも指揮者が作り出す場の力だと思うんです。

ピアノの先生であっても、ご自身が先生からレッスンを受けてくるなかで

「レッスンの時に先生が隣に座っているだけで、魔法のように自分の演奏が変わった(そして家で1人になるとできなくなった ^^; )」

という経験をおそらく全員がされていると思います。
もちろんご自分でも生徒さんへのレッスンで同じことを引き起こしているでしょう。

レッスンとホームページ集客では全然話が別じゃないかという気もするかもしれませんが、私が何を言いたいかと言うと、一人一人の先生が内面に持っている「世界」が、場の力(教室の魅力と行ってもいいかもしれません)を生み出す源泉だということです。

そしてホームページを通して、その先生の世界を発信していると、それに共鳴する世界を持つ人と共鳴しない世界を持つ人が出てくるわけですね。

一般的な言葉では「共感」とよく言われるのかもしれませんが、私の感覚としては「共鳴」なんですよね。

周波数が互いにハマると共鳴します。
共鳴すると音も膨らみますよね。
そこには豊かさがあります。
なんだか幸せな、いい感じ。

人間がそれぞれに持つ「世界」においても同じような現象が発生する。
だから、理想の生徒を集め理想のピアノ教室を作るには、「先生の世界」をしっかりと表現できることがとっても大事。

私なりの見え方、聞こえ方、感じ方かもしれませんが、私は今のところそんな風に思っています。
これが真実かどうかは分からないし、たぶんこれからも少しずつ変わっていくとは思いますけど。

ずいぶんとマニアックな話をしてしまいました ^^;
とてもIT系の、ウェブ屋の話には聞こえなかったかもしれないですね。
でもこれが、私が捉えているウェブ集客の本質です。

何はともあれ、S先生に喜んでいただけて本当に良かったです♪
これからホームページをもりもり育んでいって、理想のピアノ教室を一緒に作っていきましょう!

生徒募集のご相談を受け付けています
ピアノ生徒の募集についてご相談したい方は、どうぞお気軽に LINE からメッセージをお送りください。
おひとり1回、60分までの無料電話相談をさせていただきますよ ^ ^
「友だち追加」はこちら

 

生徒募集ノウハウの記事一覧はこちら↓
ピアノ教室ウェブ集客(生徒募集)のポイント(一覧)
生徒が増えるピアノ教室ブログの書き方(一覧)